反省

ツールド妻有から1週間が経ち、ようやく体からダメージも抜けてきました。

当日の熱中症紙一重の状態から考え付く反省点は「精神的&体力的余裕の無さ」に尽きます。


“年寄りの冷や水”は良くないからと、意識的・無意識的に炎天下を避けたり、激坂を避けたりし続ける生活の中、サバイバル力というか、極限状態での判断力や行動力が大幅に低下していたようです。


もちろん、いつもギリギリに追い込んでいたら命がいくつあっても足りませんが、時々はその寸前まで追い込んでやらないと進歩が無いように思います。


朝練は完全に太陽が昇る前の涼しい時間帯に走れて快適ですが、暑さに対する耐性は養えませんし、激坂に行く時間的余裕もありません。

そう考えると暑過ぎてムリ!と思っていた室内でのローラー生活(クーラー無し)も暑さ対策には有効な気がします。

週末も少し時間と距離を延ばして、高い負荷をかけて坂を上れば、体力&精神力向上に役立つことでしょう。


少しアナクロな根性論で「巨人の星」の世界みたいですが、意外と今の自分に一番足りないものだと思います。

科学的なアプローチや効率的な練習も良いんですが、そもそもそれを実践するスキルを持たないおやぢには、“昔取った杵束”的な倒れるまで頑張る練習が結構性に合っていると思うのです。





その前に長年の怠惰な生活で蓄積された腹周りの老廃物を取り除いた方が簡単に速くなれると思いますが、精神力の無さから、なかなか思うようになりません。

で、まずは精神力を養うトレーニングから…
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。