つまり・・・

もうだいぶ日にちが経ってしまいましたが、8月29日の日曜日に新潟県の妻有というところで開催された「ツール・ド・妻有」というイベントに参加してきました。

さいたマッシーンで100kmオーバーを走るのも初めてなら、新しいシューズも下したて、サングラスも下したて、と、言い訳には事欠きませんw

他にも「膝を痛めた」とか、「持病の腰痛が」とか、「長年の虚弱体質が」とか…エクスキューズは豊富にあるので精神的な余裕はバッチリですww

そんな余裕も手伝って、前日は時間ギリギリの現着、腹一杯の補給、胸一杯のアルコール摂取と“やっちゃいけない”フルコースでした。

しかも普段エアコンの効いた寝室でしか寝た事のない私は、天然のクーラーが故障した宿泊所“三省ハウス”で眠りにつくことが出来ず、新たに「寝不足」というエクスキューズもGETして、当日の朝を迎えました。


7時のスタートに余裕を持って臨めるよう、早め早めに行動して、軽めの朝食を取り、スタートラインに並ぶと懐かしい顔ぶれにも会えて、非常にリラックスした時間を過ごせました。

さて、いざスタートしてもレースでは無いので皆のんびり、私は、まかだまさんが「一人じゃウ○コできない」というのに付き合って、ミオン中里で集団から一旦離脱します。

コースに復帰してからは、コース脇で手を振ってくれる町の人々に応えつつ、マッタリと進みました。

最初のエイドが10kmも行かずに現れたので早速補給しますが、まだ全然お腹が空いていないこともあり、キュウリ1本とトマト2個だけ頂いてリスタート。

「ここから上りが本格化する」というあらごんさんの言葉を信じて、うめさんに続きますが、本格化する前に2つ目のエイドステーションが現れちゃいました。

まだ20kmくらいしか走ってませんが、結構お腹が空いていたので、キュウリとトマト各1、笹団子1個、おにぎり3個
を補給して次のエイドまで進みます。

今回の目標の一つに全エイド制覇&全食材完食というのがあったのですが、ここでのおにぎり3個は食い過ぎでした。

坂でお腹が重いだけでなく、次のエイドについても全く腹が減っていませんでした。

でも、パエリャや白ゴマ&黒ゴマのおにぎりを見せられると食べない訳に行きません。
更に重くなったお腹を引きずりながら、直ぐに現れるエイドで果物・漬物・おにぎりを詰め込みます。

ハンガーノックの恐怖には打ち勝ちましたが、オーバーイーティングの対処方法までは考えていませんでしたorz

この頃になると太陽も高くなり、気温もグングン上昇していて、胃もたれを凌ぐ脅威になっていました。

何とか能舞台エイドステーションに辿りつき、蕎麦や唐揚げを食べながら皆の到着を待ちます。
内心「蕎麦や唐揚げなんて消化に悪いんだよな~」と思いますが、一生懸命食事を振舞ってくれるボランティアの皆さんの顔を見ると食べないのが申し訳ないくらいの気持ちになってきます。

続々と仲間が到着し無事も確認できたので、根っ子が生える前にhajimeさんと再スタートします。

この時のパートナー選択は、半分失敗、半分成功。

hajimeさんのペースは私には明らかにオーバーペースで、とにかく景色を見る余裕もなく、絶景の棚田の写真が1枚も無いのも、彼のせいですw

その上、エイドごとに待っていてくれて、一息つく間もなく引きずりまわしてくれます。


暑さのピークと疲労のピークが同時に訪れてきて、聞こえるハズのない声が聞こえ、見えるハズのないものが見えてきます。

hajimeさんはというと、坂に差しかかる度に私をブチ抜いてニヤニヤしています(ように見えます)。

本当にムカつくので、体当たりして崖から突き落としてやろうかと思いましたが「次、殺ってやる!」と思って頭を上げるとゴールのミオン中里が目に飛び込んできました(命拾いしたな)。


無事、3時前にゴールして、温泉で生き返り、居眠り運転しながら帰宅しました。



だらだら、と写真の1枚もなく書いてきましたが、正直、後半の記憶が所々無いんです。
hajimeさんに対する殺意だけはしっかり覚えてるんですが…w

多分、熱中症気味だったのは間違いないので、今後真夏のイベントに参加する際は、そのための準備を怠らないというだけでなく、途中で諦めるという決断も必要だと痛感しました。

今回の私は明らかに準備不足だったと思います。


ただ、それでも無事走り切り、こうして楽しい思い出も辛い思い出もブログに綴る事が出来るのですから、一緒に走ってくれたチームの仲間の存在はとても大きかった。

また、皆さんと一緒に過酷なイベントを共に走り抜きたいと思いました。
どうもありがとう。
スポンサーサイト

コメント

あらごん #-

No title

「ここから上りが本格化する」のあとの国道は
かなり坂がつらかったと思うのですが、、、
しかし、hajimeさんのオーバースピードは
始めから想像できたのでは?

2010年09月02日(木) 20時38分 | URL | 編集

hajime #fYFfjCTQ

アルバム。

な、なんかおいらがかなりのヒール役に・・・

写真なんかなくてもいいんですよ。真の旅情派は心のアルバムに焼き付けるものですw
あっ
おいらへの殺意が心に焼き付けられたのか(笑)

2010年09月02日(木) 22時38分 | URL | 編集

おれんじきゃの #-

No title

まさか、家の旦那と 連れ○○○するとはww

それにしてもショートカットして追い越されちゃいました。
殺意ですか・・・坂を押し歩きもしないで登っていく
家の旦那に殺意を覚えたような、そうじゃないような・・・

2010年09月03日(金) 08時07分 | URL | 編集

不定期DarkSider #9q2FTWbs

お疲れ様でした

凄い勢いで私を抜き去っていくhajimeさんを見て、
「そんなに強いなら、この体重を喰らえぇ...」と緩みきった私の身体の重量を預けてしまうことにしました。
しかし、あまりに速くてサドルを掴むことさえ出来ず、その後ゴールまで会うことが出来ませんでした。
また次の機会を窺うことにしましょう。

2010年09月03日(金) 08時53分 | URL | 編集

row-kuma #-

じぇんとりー

>あらごんさん
本格化したんですが、その前にすぐエイドが現れてしまったという、強調表現ですよw
hajimeさんの裏切りは予想してませんでした。
だって能舞台までは皆とマッタリ走ってたじゃないですか。

>hajimeさん
あまりの暑さに心の印画紙は感光しちゃいましたよ・・・って、最近はデジタルなんで“エラー”ってか?

hajimeさんに対する殺意は温泉に流してきましたよ。

>おれんじきゃのさん
旦那さんに釣られて、軽量化できましたw

一緒に走っている姿は傍目には仲睦まじく見えるものですが、実際はそんなにドロドロしてるんですね~。
妻有なら、殺っちまっても崖に落とせば1週間は発見されないでしょうから、チャンスかも?ww

>不定期DarkSiderさん
hajimeさんは多分、そんな負荷も「良い練習」と考えちゃうでしょう。
だって、頭オカシイんですから。

2010年09月03日(金) 09時18分 | URL | 編集

MARU #-

みんな嘘つき

始まる前は"一緒に走りましょ~ね"とか言いながら、やっぱり力の差は大きかったよ~(T_T)
ASから小さくなってゆく背中を見送ったり、スタートしてから次に出会ったのはゴール後だったりと、こんなことならスタート前に皆さんで集合写真撮っておくんでしたね。
次はどこでご一緒できるかな?

2010年09月03日(金) 10時56分 | URL | 編集

row-kuma #-

そうですね

>MARUさん
一緒に行くはずが皆バラけてしまって、誰に付いていけば良いのか・・・hajimeさんを選択したのは私のミスでしたw
帰りも一足お先に失礼してしまい、すいませんでした。

個人的には、かねこれーしんぐ・タマレンジャー合同企画「Go to 小諸」に参加したいんですけどねぇ。

2010年09月03日(金) 12時49分 | URL | 編集

オビワン #-

たいして

坂練してないくせに、さもしたように暗示をかけて参加したけど、やっぱり歯が立たなかったっす。
後半一人旅になってしまったのが痛かった。本番なのにコソ練している気分でした(笑)

2010年09月03日(金) 19時47分 | URL | 編集

takecy13 #-

No title

お疲れ様でした
当方、まだダメージが・・・
暑すぎ!妻有  熊の谷より暑かった(+_+)
あの中15時前にミオン着とは流石ですなぁ
そうそうに、パスされて、農舞台で今生の別れになるとは(笑)

2010年09月03日(金) 23時46分 | URL | 編集

うめ #-

お疲れさまでした。

漕ぐ熊さんと走ったのはかなり久しぶりでした♪。
しかも、山岳地帯となると私が落車した丸山林道くらい
遡るはず。。。
あの時、スイスイと登って姿が見えなくなった人と
同じペースで走れる日が来たのが内心嬉しくて、
ちょっと序盤はオーバーペースで登っちゃいました(笑)。

2010年09月04日(土) 00時02分 | URL | 編集

らんぱぱ #aYDccP8M

乙でしたぁ~~~!

妻有から一週間が経ちますが・・・
疲れがとれません・・・
やはり、過酷だったんだなぁ~~~
と感じる今日このごろです まる。

2010年09月04日(土) 16時59分 | URL | 編集

row-kuma #-

お疲れさまでした

>オビワンさん
あのコースで一人になるとキツイですね。
心が折れます。
それでも完走できたのは、コソ練の成果じゃないですか?

>takecy13さん
昨日、うちの近所が熊谷の記録抜きましたよ!w
相変わらず夏は続いてます。
能舞台で生き別れちゃいましたから、再会も能舞台ですかねぇ?

>うめさん
もう、そんなになりますかね?
もっとも私も山をタマレンジャーのメンバーとちゃんと走ったのがその時以来かもしれませんが。
前半は同じペースじゃないですよ。
私が付いて行くのに必死でした。
ヤバいと思ったので、休憩を短めにして先行しましたw
次にお会いするまでには精進します。

>らんぱぱさん
私もようやく回復基調です。
が、まだまだ暑くて自転車には過酷な日が続いてますね。
涼しい季節に向けて、十分休養取りましょう!

2010年09月06日(月) 10時09分 | URL | 編集


GO TOP