カンパい~

最近、ほぼ毎日ワインを飲むようになりました。

もう飲まなきゃやってられないんですねw

実際は、安くてもそれなりに美味しく飲めるワインが手に入り易くなったからですが。

そう言う訳で毎晩、コルクを抜くわけです。


以前、数か月に1度しか自宅でワインを飲まなかった時期は大事なワインオープナー
カンパワインオープナー
でゆっくり開けてましたが、毎晩となると邪魔くさいんですよね。

結局、もっと簡単な奴を買ってしまいました。
ウィザード


で、自転車の話に移ると、カンパのチェーン切りって、特殊で唯一の物ってイメージがありますよね。

私も10Sの時はミッシングリンクで誤魔化していましたが、11S化に当たり、諦めて純正を買っていました。
11Sチェーン切り
これって、非常に精巧な感じの造りで、ワインオープナーと似た雰囲気を持ってます。

所有欲を満たすには良いんですが、使って見ると結構面倒くさい所も似ていると感じます。

年に数回しか使わないんだからどうでも良いような話ですが、偶然、こんなものを見つけてしまいました。
CT-11
パークツールのカンパ11S専用カシメ器ですw
チェーン切りでピンを折った後、抜け防止のカシメだけをする道具です。

ちなみにピンの抜き差しはコッチ
CT-42
を使うのだそうな。

瓜二つですよね?

でも、役割が違うんです。

無駄だと思う反面、その割り切り方に共感してしまった私は、注文してしまいました。

これで同じことする道具が、一体型1個、分離型2個揃ったことになります。

で、実際はというと、11S用ミッシングリンクを使って、頻繁にチェーンを繋いだり外したりしますので、どっちも使いません、多分。

よく「床の間バイク」なんて表現を自転車乗りの間ではしますけど、私の場合「床の間工具」も結構所有してますw

将来は自宅を改造して、自転車工具博物館でも開こうかしら?なんて思う今日この頃です。
まだ本日、ワインオープナーは使ってませんが何か?ww
スポンサーサイト

コメント

あらごん #-

カンパ党は、こだわりが大事です。
工具にこだわるのも美しい生き方です。
ストイックな男らしさに憧れます。


、、、とりあえず、いらなくなったら私に下さいね。

2011年01月12日(水) 18時31分 | URL | 編集

row-kuma #-

性能は?

>あらごんさん
「こだわり」なら美しいですけどねぇ・・・。
「はやまり」が殆どなんですよね~w

今年こそ、よーく考えて買うことを心がけたいと思うのですよ。

道具は博物館に展示してありますので、いつでも使いに来てくださいw

2011年01月12日(水) 22時33分 | URL | 編集


GO TOP