またしても久々

もう、3年近くまともに更新してないので、更新の仕方も忘れちゃってましたが、少し暇になったので駄文を連ねます。

今年はタマレンジャー結成10周年の記念すべき年ですので、昨年のうちに記念ジャージを作成し、年末には電動コンポとニューホイールを投入、新年早々にはMTBまで購入して、オフトレを開始しました。
そこまでは良かったのですが、2月に鼠径ヘルニアを発症、手術までの1か月と術後の1か月間が自転車禁止となってしまいました。

結局オフトレ用に買ったMTBは殆ど乗らず(リハビリ用バイクとしてそれなりに活躍しましたが…)、とにかく腹回りに力を入れちゃイカンということで、あっと言う間に腹筋と背筋が弱り、ロードバイクの前傾姿勢すら辛い体に逆戻りしてしまいました。

ここまで衰えたのは10年振りくらいだなぁ・・・

まあ、そういうわけで、来月の21日には榛名山を上る予定ですが、全くそのように仕上がっていない状態です。

焦りもあって、お蔵入りにしたローラー台を引っ張り出してみるも、今度は尻が痛すぎて長時間乗れず。
(そもそも、階下への音と振動の問題でお蔵入りしたので、駄目なものはダメだった訳ですが)

今は初心に戻って「あさたま」しようかな?と考えているところです。

と、自転車乗り的には全く嬉しくない状況ですが、人生で初めて腹にメスを入れられて、数日とはいえ自分の意志の通りに動けない状態を経験すると、人生観が変わる…と言うほど大げさでは無いにしろ、少し考える訳です。

人生の棚卸と言いますか、折り返し点を過ぎて、体も無理が利かない年齢になって、今までにやり残したことは何か、今後は何をどうすれば悔いの少ない人生を送れるか?とかいうことをですね、整理しました。

やっぱり一番は心身の健康ですね。
お金とか物とかじゃないです。自分と家族、健全な生活が最優先。もう、言うまでもない。

だから、自転車の趣味は続けて行きます。健康のために。
でも、今迄みたいにやたらと自転車の台数を増やすのは卒業です。

それから、事故だけは避けなければならないので、無理な運転も厳禁。
やはり最近は、体力だけでなく、反射神経が衰えている事も感じます。少し前なら難なくこなせたことでも、出来なくなってきます。
悲しいけれども、これは現実として受け入れて、ある意味無法地帯の路上をサバイブしていかなくてはなりません。
歩行者に対しては強者であり、自動車に対しては弱者であることを常に意識して、過剰なくらい注意深く運転するのが、今のところ最善だと思っています。
だから、アベレージスピードや走行距離にこだわるような乗り方からも卒業です。
元々、そういう競技やそのための練習というものにはあまり興味がなかったので、この点については、そんなに以前と変わりませんが。

こんな感じで、新たなる10年に向けての所信表明というか、これからの自転車との付き合い方の再確認でした。

また、元気に路上で会いましょう。
スポンサーサイト
GO TOP