雨降り前に

9日の土曜日のことです。

台風の影響で午後から雨の予報でしたが、4時の起床時は路面もドライでしばらく天気も持ちそうだったため、都幾川方面へ向かいました。
雨雲レーダーでは東京寄りに雨雲があるように見えたので、出来るだけ時間を稼ぐ為の選択でした。

途中、川越と坂戸の境目辺りに雨が降った形跡があったものの、濡れることなく物見山を経由して明覚へ・・・この時でまだ6時前だったと思います。
玉川工業高校の坂を上る辺りから路面がウェットになりますが、雨の直撃は免れていました。

泥水の巻上げを嫌ってゆっくり明覚駅前から横松へ進みますが、とうとう雨雲に捕まってしまいました。

結構な降り具合に意気消沈して撤収を決め、まだ空の明るい毛呂山方面へ進路を変えました。

丘の上のパン屋を過ぎた辺りで、雨がピタッと止み、路面も完全ドライに・・・その後鎌北湖まで降られることはありませんでした。

毛呂山方面から対向して来たローディーに「雨降ってますよ~」と注意喚起しましたら「マジですか?」の反応。
確かに毛呂山辺りのドライっぷりでは、俄に信じられなかった事でしょう。

鎌北湖に到着したとたんに雨がまた降り出して、「もはやこれまで」と帰路に着きましたが、その後も高麗川まで雨、日高~狭山はドライ、狭山国道16号沿いだけ雨、ふじみ野ドライ、自宅周辺ウェットと、天候が目まぐるしく変わる状況でした。

それでも大幅に濡れることなく、無事8時半に帰宅できました。

しかし、背中には転々と泥はねの跡が付いていました。

今回のように空からの雨より、殆どがウェットな路面からの巻上げでお尻や背中が濡れる時は、簡易泥除け付ければなぁ~と思うのですが、美観を優先して、つい付けずに走ってしまいます。
そのような時は八割方濡れるんですけどw

今週も天気がイマイチのようですが、次にそのような天気で走る時は忘れずに泥除け付けようと思います。
スポンサーサイト

コメント

あらごん #-

泥除け大事です

美観を考えると、背中に泥が付いてるのも好ましくないですからね。
まあ自分は雨で汚れたロードバイクの掃除自体も嫌なので、雨ではあまり走りませんが^^;

2014年08月12日(火) 16時02分 | URL | 編集

row-kuma #-

微妙な天気

>あらごんさん
出かける時は降ってなくて、何とか天気が持ちそう・・・な時に迷うんですよね。
私も始めから雨が降ってれば走りませんし、「降らないでくれ!」という思いが泥除け(降った時に役立つもの)を拒絶するのかもしれません。
まあ、「備えあれば憂い無し」は、自転車の装備にも当てはまるってことですね。

2014年08月14日(木) 12時56分 | URL | 編集


GO TOP