13-29T

週末の記事2連発です。

この週末はGoProだけでなく、13-29Tカセットのシェイクダウンでもありました。
13-29T

先月の榛名山ヒルクライムで痛感したのは、ギヤが足りないってこと。

ずっと同じペースで走っていた女子選手に最後の激坂区間で置いていかれた時、彼女は相変わらずクルクルとペダルを回していましたが、私は立ち漕ぎで蛇行するのみ・・・
体力・脚力・重力以前にギヤが足りませんでしたorz

コンパクトクランクなんて・・・ビックギヤなんて・・・「漢」じゃない、なんて格好つけても、激坂でフラフラ蛇行する姿はもっとみっともない。

もちろん、タイムだって伸びません。
やせ我慢しても結果が付いてこなければ、それはただの自己満足。
もちろん、趣味だからそれでも全然構いませんが、私は結果も求めます。

しかし、「どんな坂でもギヤ1枚残して上ってやるぜ!」なんて粋がっていたのも昔の話です。

どんどん衰え続ける肉体と増え続ける体重、上がらないモチベーションという三重苦を抱えて、何とか9月の赤城山HCを乗り切るにはどうしたら良いか?
その私なりの答えが、軽いギヤをインストールしてとにかく回し続けること。

効果は・・・山伏峠まで、オールシッティングでも無理なく上がりきることができました。

やはり今までの25Tより上に26Tと29Tがあるのは精神的にも楽です。

今や「ヒルクライムで一番費用対効果が高い投資は、軽いギヤだ」と断言できます。

何十万もするホイールでヒイコラ上るより、軽いギヤ比でクルクルと上るほうが断然クールです。

私はこの夏、13-29Tのカセットでクールに過ごします!w
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。