GoPro

この週末は天気がよく、自転車日和でしたね。

私自身にとっても久しぶりの自転車活動なので、張り切って土曜日の朝から出かけましたよ。

以前ヨドバシのポイントで手に入れたGoProを持って。
GoPro

はじめに向かった名栗は、早朝の林道はとても気持ちが良くて「ホームコースに帰ってきたな~」という感じで最高だったのですが、撮影のほうは思い通りに行きません。

GoProというカメラ、ご存知の方も多いと思いますが、ファインダーもモニターも無いので、撮影中の動画をリアルタイムに確認することが単体では出来ません。

普通はスマホでWi-Fi接続して確認したりするようですが、私はガラケー愛用者であるため、仕方なくiPodを別途持参してしのぎました。
もうAppleの製品は二度と使わないと誓ったのに、無念です・・・


でも、やっぱりそんなマイナスの感情が作用したのか、iPodのバッテリーが直ぐに切れてしまいましたorz

何とかそれでも無事に撮影終了(撮影時間も1時間足らずで不満ですが)し、家に帰って再生してみました。

家のテレビに見慣れた名栗の風景が映し出され、興奮気味に家人にあれやこれやと説明をしますが、数分過ぎても代わり映えしない景色と私の粗い息遣いが聞こえるのみ・・・結局10分ほどで上映会を終了しました。

であれば、美味しいシーンだけ集めて編集しようか?とも考えましたが、ホームビデオの編集作業すら面倒くさがってやらない私のこと、PCのスペック不足やら何やら、言い訳は無数に思いつきます。

翌日の日曜日もとりあえず多摩湖を撮影しましたが、名栗のデータの移行やら複数機器の充電やら後始末と準備に追われて、始めからテンションが上がりません。

撮れた動画も数分見ただけで消しちゃいましたw

私とほぼ同時期にアクションカメラを導入した某氏は、twitterやブログに画像を掲載したりして、楽しんでいるようです。

私はというと、それらSNSや機器を使いこなすこともできず、走るコースも一人で同じルートを辿るだけで、毎回同じ映像を撮り重ねるだけなのが目に見えています。
GARMINで記録したログが、日付以外前回と全く一緒ってのが、物語ってますもん。

こういう機器って持ち主を選ぶっていうか、楽しみ尽くすには装備もアイデアもスキルも必要、ということを改めて思い知りました。

たった2,3回しか使ってませんが、私にGoProは「豚に真珠」ということが、ハッキリ分かった週末でした。

スポンサーサイト

コメント


GO TOP