お天気

土曜日は私の活動時間には残念ながら路面がまだウェットでRUNに切り替え、自転車はお休みでした。

見る見る晴れて、乾いていくコンディションを恨めしく眺めましたが、翌日曜日の活動時には問題なし。

4時半に起床したのに、自転車の用意をしたり、シューズの調整したり、と何だかんだで1時間くらいかかり、スタートは5時半。

30分くらい損しちゃいました。


でも、昨日は午前中いっぱい走行可能でしたので、気を取り直して名栗方面に向かいます。

脳内プランは

「山伏峠~仁田山峠~東峠~宿谷権現堂線~鎌北湖」

でしたが、脚力と時間を考慮して

「山伏峠ピストン~仁田山峠~東峠」

に、これまた脳内変換。


定番の永田のセブンイレブンまで1時間ほどかけて到着後、朝食を摂りました。

天気は良いですし、脚力にもまだ余裕はありましたが、私の記憶では自宅からここまで45分~50分くらいだと思っていましたので、すでに時間が押してます。

記憶は4年以上前のものですし、年もそれだけ取りましたし、体力も落ちましたが、自宅も5分以上近場に変わっているので、若干ショックです。


当然、それからも挽回は叶わず、過去のイメージよりズルズルと遅れていきます。

上名栗のバス停前の第2休憩ポイントに到着した時は既にスタートから2時間以上が経過していました。

4年前は1時間半程で到着してましたので、劣化具合はかなりのものです。


そこで「なにくそ!」と奮起するような性格なら、もう少し出世も出来るんでしょうが、ありのままを受け入れるタイプwの私は、すぐさまプランの変更をします。

「山伏峠ピストン~仁田山峠~東峠

脚力と性格、家庭内の立場を現状認識した結果がこれです。


果たして、予定通り?二つの峠をヨロヨロと上り終えた私は、下りや平坦で脚が回らず、これまた希望通り?に11時半に帰宅したのでした。

やっぱり気持ちだけではどうにもならんですよ…



せめて夏の終わりには、同じ時間で

「山伏峠ピストン~仁田山峠~東峠」

くらいになりたいものです。

スポンサーサイト

コメント


GO TOP