地獄に仏

昨日は良い天気でした。

土曜日にも走るつもりでしたが、早朝の雨でRUNに切り替えてしまったので、満を持しての5時スタートです。

猶予時間はお昼まででしたので、色々検討した結果、トラブルがあっても変更・融通が利く奥武蔵方面に決定。

気温も上がる予報でしたし、まだ体重が重くてヒルクラ・トレーニングなんて無理ですし、あくまでも心拍数をベースにしたダイエット=脂肪燃焼走行に徹します。

永田のセブンで朝食補給して、とにかく無理しないように淡々と進みます。
途中でトライアスリート2人組に抜かれましたが、ムキにならず見送ります。

消耗を少しでも減らす為、赤沢からは日影の多い旧道を行き、山伏峠へのアプローチで2度目の休憩と補給をしました。

この段階で7時過ぎ、昔に比べたらえらい時間のかかりようですが、それでも今日のコンディションなら順調です。

トイレに寄って長めの休憩を終えたら、山伏峠にアタック…じゃない、バーニングライドですw

スタート時に自動販売機が目に入り、一瞬「買って行こうか?」と思いましたが、まだボトルに半分くらい水が残っていたので、大丈夫だろうと判断して登坂を開始しましたが、これが“失敗の始まり”でした。

山伏峠まで半分位の距離を淡々と上り、水分補給をしようとダウンチューブに視線を落とすと…そこに本来あるべきものがありません!

先ほどの休憩でボトルを忘れてきてしまったのですorz

慌てて戻り、ボトルを回収しましたが、折角稼いだ標高はパーです。

でも、今日はダイエットが目的なので、無駄ではなかった、良い負荷をかけられたと前向きに考え直して次なる目的地正丸峠を目指します。

普段は山伏峠のピークで休憩するのですが、今回は正丸峠の茶屋で休憩予定でしたので、一気に向かいましたが、これまた“失敗への伏線”となってしまうのです。

正丸峠へ着くと茶屋はまだ開いてませんでした。
まあ、朝の8時台ですのでそこは想定内、想定外だったのは自動販売機すらそこには無かったという事です。

昔の記憶は当てにならないということをその時しっかり認識したハズなのに、そのまま刈場坂峠を目指してしまいます。

これが“失敗の決定打”になってしまいました。

言い訳をすると、その時の天気は薄曇りで、それほど気温も高くなく、ボトルの水も山伏峠を越える時はそれほど消費していませんでしたので、行けると判断したのです。
林道狩場坂線のイメージも斜度はそれほどでもなく、20~30分程度で終わるコースと過去の記憶が言っていました。

しかし、実際の刈場坂峠への道はかなり長く・キツくて、しかも太陽が顔を出した途端に灼熱の地獄に変わってしまったのです。

ボトルの水も底をつき、ハンガーノック?と脱水でフラフラになりながら、朦朧とした意識の中で考えるのは、引き返して下り道を辿り水分補給できる場所を探すか、それとも後(多分)数キロ先の峠を目指し、最近出没しているというコーヒースタンドにかけるのか、ということだけです。

単純に距離だけなら刈場坂峠が空振りでも顔振峠の茶屋を目指すか、猿岩線の湧水を目指すなんて方法も考えられましたが、この時の状態ではグリーンラインの地味なアップダウンも耐えられそうにありませんでしたので、祈るような気持ちで少しずつ峠に向けて進むこと数十分、ついに視界が開け、目の前に「コーヒー」の幟が目に飛び込んできました。

まさに地獄に仏九死に一生(大げさ)とはこのことです。

ギターを弾いている店主に近寄り、アイスコーヒーとスポーツドリンク、ハムカツサンドをオーダーしました。

もう、全てが輝いて見えましたよ。

スポーツドリンクをボトルに詰め、予定通り高篠経由で都幾川に下り、途中「とうふ工房わたなべ」で最後の休憩をして、川越に向かいました。

道中も地味な向かい風と一旦脱力してしまった全身のダメージのせいでペースが上がらず、予定を大幅に超過しそうな状況でしたが、それでも川越には寄らねばなりません。

Man with a mission

秘密の任務があったのですから…



結局、自宅にはリミットの30分遅れ、想定の1時間遅れで到着。

午後は疲労から使い物にならない休日でした。
スポンサーサイト

コメント

pata #-

 おつかれさまでした~。バーニング・ライドってゆうより、おもいっきりトレーニングじゃないですか!?奥武蔵GLも「日向が暑い!」時期になっているんですね。

 こうゆう記事を読ませていただくと、「うわ! 大変だ~。」と思いつつ、「行きたいなあ~」と思うのは、私だけでしょうか(^^;

2013年06月11日(火) 07時38分 | URL | 編集

row-kuma #-

変態

>pataさん
いえいえ、トレーニングなどと言える代物ではないですよ。
単なる補給不足・失敗しただけです。
どうも私は胃腸が弱いせいか、補給が不足しがちなんですよね。
日曜日みたいに条件が悪くなると覿面にそれが露呈してしまいます。

そんな悶絶ぶりをうらやむのは“変態”だけです。
ということでpataさんは“変態”認定ですw

2013年06月11日(火) 10時10分 | URL | 編集


GO TOP