参ったね

相変わらず、風邪とお別れできません。

昔は後腐れなく別れられたのに…


もう1か月を過ぎましたので、すっかり自転車の事なんて記憶の彼方です。


無理やりモチベを上げようと9000Duraを導入したり




















なんてことも考えましたが、組みつけが既に面倒くさいw



☆)やっぱり走って気分を盛り上げて、物欲に繋げてくってのが、自転車乗りのあるべき姿なんですねぇ。




さて、現行カンパの11SとDura11Sはリヤカセットの幅がほぼ同じなので、互換性があるようです。

ということで、Dura10S時代のホイール資産を諦め、現行カンパ対応のホイールを投入すれば、どちらのコンポでも使用できるだけでなく、お互いにラインナップにない歯数を補完することも可能です。

これって考えてみれば、革新的なことですよね。

新規導入ホイールはシマノ11S対応のフリーにして、カセットもシマノにすれば、安くて軽い装備の出来上がり!なんてことも可能です。

つまり、シマノ製ホイールをカンパのコンポで動かすなんてことも出来るんですね(しないですけど)。

コンポをシマノからカンパに移行する際のホイール互換性という大きな問題もクリアできるということです。

まあ、前提はDura11S→カンパ11Sという、今現在は殆ど存在していないケースだけですけども。


最近、ホイールを立て続けに購入した私としては、その投資が、Dura化でも無駄にならないというのは、大きなアドバンテージです。

後は背中を押してもらうだけなんだけどなぁ…自転車に跨らないと、押してもらっても前に踏み出せないんだなぁ…☆印に戻るw
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。