予備の予備

今日は4時前に目が覚めたので、4時半にスタート。

あさたまより早い時間で、辺りは真っ暗でしたので、当然安全の為にseca装着です。

多分1時間くらい経てば、明るくなるので、ライトは一つで十分だと思いましたが、念のため予備のO-lightを持っていきました。

原付より明るい配光で、路面の障害物がクッキリ見えて快調に進んでいると、目の前に猫が横たわっているのが見えましたorz
しっかり、目が合ってしまったよ・・・南無・・・

そんなこの世の物でないものまで視認できてしまう、明るいライトは素晴らしい!なんて思いながら進んでいくと、急にプッツリ消えてしまいました。

何と20分少々でバッテリー切れです。

まだしばらく闇の世界ですから、慌てて第二ライトを点灯すると・・・



・・・点かない!こっちもバッテリー切れのようですorz


朝の5時前に無灯火で走る訳にも行かず、とりあえずコンビニで乾電池を買う事にしますが、何せ真っ暗な田舎道、最寄のコンビニが遠い上、路面を照らす明かりも無ければ、アホみたいに飛ばす車から身を守る明かりもありません。

ホワイトライト

こうなったら止むを得ない、第3のライトにご登場願います。

TOPEAKのホワイトライトはどんな時でもお守りとしてツール缶に入れているライトで、今まで急に現れた長いトンネルやメインライトのバッテリー切れなど、幾度と無く私を救ってくれた小さくも頼もしい存在です。


何とか数百メートル離れたコンビニに緊急ピットインして、単三電池をGETし、無事走行を再開できました。


まさかライトが2つも使い物にならない事態は想定外でしたが、一つは市販の乾電池が使えるライトだったことと、明るくなくても緊急避難的に使えるライトがあったことで事なきを得ました。

ハイパワーのバッテリーライトは、その明るさが魅力的ですが、その分バッテリーの持ちが悪く、トラブルも起き易いので、予備のライトは必携だと改めて感じた、今日の出来事でした。


でも、それ以前にバッテリーの残量もっと気にしろよ、俺!な、出来事ですねw

スポンサーサイト

コメント


GO TOP