工具は大切

今度の家は以前より一部屋多くて、初めて部屋の隅に自転車用具を置くスペースを貰えました。

押入れの段ボールに突っ込んで、どこに何があるのか判らない状態だった大阪時代は無駄な買い物も多かったのですが、今度こそ綺麗に収納して、欲しいものがすぐ取り出せるようにしたいものです。

そこでカラーボックスを2個ほど購入して、さっそく組み立てることにしました。


ニトリのカラーボックスはオプションパーツが豊富で、引き出しや扉まで付けられますので、見た目も普通の物より良い感じに仕上がりました。


カラーボックスなんて精度も大したことないので、今回はホームセンターで買ったドライバーセットでチャッチャと組み立てようとしました。


が、1個目を組み上げて、手のひらを見るとビックリ!

マメが2か所も出来ていて、一つは破れているじゃないですか!

ドライバーは押さえつける力が7割で、回す力は3割なんて話を聞きますが、確かに木ネジは押さえつけないと回りませんでした。

慌ててチャンとしたドライバーと手袋をして2個目を組み立てましたが、時すでに遅し…痛くて全然手が進みません。

「横着しないで工具箱から出せば良かった」と思っても後の祭りです。

WERAドライバー


やはり良い道具は、自己満足だけではなくて、作業効率も良いのだと再認識したのでした。

「自転車用具の前に工具箱をすぐ出せるように整理しろよ!」と自分に突っ込んだのは、もちろんです。


カラーボックスに最初に収納したのは工具箱となりましたw
スポンサーサイト

コメント


GO TOP