看板に偽りあり?

先日“ひらパー”に行ってきました。

関西人なら誰でも知ってる遊園地「ひらかたパーク」ですね。

家から近くて自転車で行けるので、年に何回か行きます。


今は「ONEPIECE」の特別展示もやっているので、小さなお友達から大きなお友達まで入って大盛況です。

私も4月にUSJに行ったばかりだったので正直バカにしていたのですが、子供が成長して乗れるアトラクションが増えたこともあり、思いのほか楽しめました。


そんな“ひらパー”の人気アトラクションの一つに「どうぶつハグハグたうん」というものがあります。

もちろん、“ハグハグ”は“hug hug”で、抱っこの意味です。

娘もそれを期待して「絶対行きたい!」と言っていたので、連れて行きました。

入口に着くと「入場料500円(フリーパスは使えません)」の看板が目に入ります。

まあ、コレだけの動物を維持するにはそれなりに経費もかかるだろう、と理解ある私は2人分の千円を払います。

その料金を払うカウンターに今度は「どうぶつのエサ(野菜)300円」という札がぶら下がっていました。

娘はひらがなとカタカナくらいは読めますので、当然「欲しい!」となります。

嫁には冷酷なお父さんも娘には敵いませんから、当然「一つ、ちょーだい」となります。


入口から入ってすぐの所にはアヒルが三羽居ます。
そして傍らには「アヒルのエサ」販売機が…野菜スティックなんか食べたら食当たりを起こすので、鳥には専用のエサが必要なんでしょう、そうでしょう。

アヒルにもエサをやってみたい娘は当然「エサあげたい!」となります。

釣った嫁にはエサなんてやらないお父さんも娘の大好きなアヒルさんにエサをやらない訳にはいきませんから当然「しゃーないなぁ」となります。


ようやく娘も満足したので、向かいのカワウソの檻に足を向けると、またしても自販機があります。

カワウソは臆病な動物なので、ガラスを叩いたりしてはいけないそうです。
そんな臆病なカワウソさんですから、当然エサも専用のものでなければいけません、ええ、知ってますとも。

娘は無言で父を見上げます。

そんな娘の視線に父が抗える訳もありますまい、当然財布から小銭を取りだします。

満足げな娘の顔を見られて、父も満足して次の部屋に行きます。

カピバラが現れると、娘は狂喜乱舞して最初に買った野菜スティックをバラまきます。

それを見た父は「ああ、そんなにいっぺんに…アルパカまで持たないよ…」と思いますが、口には出しません。

空っぽのカップを手にした娘は、喜色満面で戻ってきました。

そんな姿を一人占め出来た父も胸一杯です。


いよいよメインイベントのアルパカの所に到達しましたが、アルパカの興味の対象は野菜スティックのみです。

寂しそうな娘の後ろ姿を見せられて、黙っていられる父親など居ようか(いや、居まい・反語)。

おかわりした野菜スティックを平らげたアルパカは満足げです。

それを見て娘も満足げです。

お父さんも満足です。


これで終わりかと思いきや、2階もある事が発覚し、お父さん、ちょっぴりうろたえますが、後は犬猫・うさぎ・ヤギだけと聞き、ホッとしました。

いよいよハグハグが出来る訳ですから。

これまではエサをやるだけで、一切ハグは出来ませんでしたから、単なる飼育員体験です。

娘と二人、ワクワクしながら階段を上がると、そこにあったのは…








自販機!

ヤギ用です。


ココまで来てヤギにだけエサをやらなかったら、後悔しそうですから、買わずにはいられません。


ガッつくヤギに恐る恐るエサをやったら、ようやく念願のハグできる動物・ウサギのブースに移動です。

ここでもやはりエサが売ってますが、大人しくハグさせてもらうにはエサも必要でしょう。

納得の購入です。

が、販売機の隣にチョップスティック(箸)が置いてあります。

頭に???マークが浮かびますが、良く見るときちんと説明がありました。

「この箸でエサをあげてください。噛みつかれたりする恐れがありますので、絶対に手を出さないでください

そうか、やっぱり客の安全性に気を配るってことは必要だよな、と一人納得し、指示に従います。


残念ながらウサギを抱くことは叶いませんでしたが、なーに今度こそ真打の猫ちゃんが待ってますから。



猫の部屋に入ると皆のんびりと昼寝中です。

特にかわいい一匹に目を付けて撫でてみると、気持ち良さそうに喉を鳴らして全く抵抗しません。

娘に良い所を見せようと思い、抱き上げようとした刹那、またしても注意書きが目に飛び込んできました。

「猫が引っ掻いたり噛みついたりする恐れがありますので、絶対に抱き上げないでください

残念がる娘を諭し、飼育員さんが付き添ってくれるドッグパークの方に移動します。

さすがに飼育員も監視しているし、犬なら賢いし、注意書きも無いし…



満を持してチワワを抱き上げようとした途端、飼育員から厳しい声が飛びました。

「犬を抱き上げないでください。押さえると怖がりますから、掴んだりもしないでください!」


娘の前で取りみだす訳にもいきませんから、素直に言う事を聞いて、娘にも我慢するよう言い聞かせます。



「なんでやねん!金取るだけ取って、一切お触り無しかい!何処ぞの気取ったキャバクラかて、なんぼかマシやぞ!“hug hugタウン”やなくて、“剥ぐ 剥ぐタウン”に改名せい!!」

なんてことは、思っても口に出してはいけません。


娘に「キャバクラってなーに?」なんて聞かれた日には、お父さん卒倒してしまいます。


良き休日に、お父さん、いっぱいいっぱいです。
スポンサーサイト

コメント

あらごん #-

お子さんだけでなく

奥様にもいろいろ買ってあげて下さいね。鯔とか斜丸とか。
夫婦円満も大事ですw

2012年06月13日(水) 20時53分 | URL | 編集

row-kuma #-

いやいや

>あらごんさん

お父さん、いっぱいいっぱいですw

2012年06月13日(水) 22時48分 | URL | 編集


GO TOP