第二京阪道路

私の朝練コースには「第二京阪道路」が含まれています。

この道路は自動車専用の有料道路と側道である一般本線道路、更にその外側にある一般側道・歩道という構成で成立している区間が殆どを占めています。

私が普段走行するのは、この中の一般側道・歩道で、状況によって歩道上の自転車走行帯と車道である一般側道を行ったり来たりするようになります。
本来であれば車道を走るべきだと思うのですが、危険と判断すれば歩道上の自転車走行帯に逃げます。
この自転車走行帯は自転車専用道ではなく、あくまでも自転車通行可の歩道ですので、もし走行する際には、歩行者に余計なプレッシャーを与えないよう、当然減速して徐行します。

ということで、アベレージも上がりませんし、信号も多く、余計なアップダウンもありますので、ロードバイクには快適とは言い難いエリアです。

ですが、見方を変えれば安全で、負荷を上げやすいコースとも言えます。

そんなコースを先日もゆっくりと走っていると、前方の一般本線道路を走行するロードバイク2台を見つけました。

その2台はトンネル手前で側道に逃げてきて、しばらくは側道側の車道を走っていましたので、「もしかしたら知らずに本線車道を走っていたのかな?」と思っていました。

なぜそういうふうに思ったかというと、一般本線道路は全線自転車走行禁止なのですが、その看板は所々にしか存在せず、途中から合流してきた場合は気付かないケースがあるからです。

しかし、自転車走行禁止の道路標識がある脇を抜けて車道に戻っていったのを見て、思わず追いかけ(横の側道ですよ)、怒鳴ってしまいました。


こういう悪意(本人は悪いと思っていないのかもしれませんが、きちんとルールを守っている自転車乗りにとっては完全な悪人です)のある自転車乗りは本当に迷惑です。
自動車と不要な軋轢を生むだけでなく、自転車乗りはルールを守らないと周りに認識させてしまうデマゴーグになっていますから。

私も以前は、もの言わぬ自転車乗りというか、赤の他人が信号無視やルール破りをしていても、あえて注意をせず「そういう輩はいつか痛い目見るんだよ」的なクールぶった、訳知り顔で自分に火の粉が飛ばないよう、逃げ回っていましたが、最近は積極的に注意するように心がけています。

というのも、自分が歳をとって(変な)羞恥心や周囲の目を気にすることが無くなってきたということもありますが、昨今の自転車に対する風当たりの強さを考えるに、ルール無視の連中を野放しにしておくのは、我々にとっても良い方向には行かないと感じることと、行為自体は褒められたものではなくとも、少なくとも自転車に興味を持って楽しもうとしている連中に対して何も発言しないのは彼らの為にもならないだけでなく、勿体無いと感じるようになってきたからなのです。

勇気を持ってキチンと間違いを指摘し、それを認識させることができれば、同じ意識を持った仲間が増えるだけでなく、そういう認識が広がっていくのではないか?そう思うのです。

残念ながら、私が自転車に乗り始めたばかりの頃、そのようなルールや常識の間違いを指摘し、教えてくれる先達は周りにいませんでした。

もし早い段階でそういう存在に出会えていたら、必要以上に怖い目に遭う事も恥をかくことも無かったように思います。


ということでこれからも、ホームグラウンドたる「第二京阪道路」に於いては、五月蠅いオヤヂの役割を担って行こうと考えています。

もし路上で私と出会ってしまったら、運が悪かったと、悔い改めて下さいw
スポンサーサイト

コメント


GO TOP