自己満

Giroの第10ステージでホアキン・ロドリゲスが勝って、マリアローザも手に入れましたね。

第4ステージのTTTでもCANYONの新型TTバイクを駆るカチューシャが2位に入ったし、CANYONユーザーとして、カチューシャの選手の活躍は正直嬉しいです。

去年のジルベールの活躍は言うに及ばず、今年のカチューシャの好調さを見るにつけ「CANYONのバイクって、やっぱスゲーんじゃん?」とか、思ってしまいます。

もちろん、バイク=フレームの性能や造りの違いで成績がどれだけ左右されるのかは正直分かりませんが、少なくともAEROADとTTバイクに関して“悪く”はなさそうです。

実際これまでも選手の活躍に連動して、バイクの評価や売り上げが伸び、その名声を確固たるものにした例は枚挙にいとまがないですし、その階段を今上っているのは間違いなくCANYONだと思います。

そういう意味でのバイクに乗っているというのは、悪い気はしないですね(あまり気に入って無くてもw)。
スポンサーサイト

コメント


GO TOP