裏腹な心

以前、カンパのEPSの詳細が発表なった時、あまりの高飛車振りに決別宣言した私ですが、最近はその詳細の更なる子細について情報を集める作業を行っております。

何故か?
最近のカンパのユーザーフレンドリー振り、というか価格面も含めた優等生ぶりに目を奪われて、逆に見失っていた事があることに気付いたからでもあります。

つまり、カンパのレコード以上のグレードは元々乗り手を選ぶコンポーネントであって、それが円高やら流行やら量産化によって、大衆化されたと私が勝手に思い込んでいただけだったということです。

今ネットでEPSの検索をするとネガティブな情報が大勢を占めています。

でもね、カンパってそういう会社ですよ。
シマノとはポリシーが違います。
「どっちが?」とかいう話ではなくて、それが良さでもあり、悪さでもあるってことですね。

もちろん市場をシマノが、電動が席巻して、カンパも影響を受けたでしょうし、シマノ的な改良も成されたとは思いますが、決してシマノになろうとはしてないと思うんです。

だから、今回のEPSの件は、そういうスタンスを浮き彫りにして、却って良かったんじゃないか?という気もします。

そうまでしてカンパに媚びる?必要は無いという考えの人や、別にレースで1着、2着を争う訳じゃないし…という方はEPSの導入を見送れば良い訳です。

では翻って私はどうかというと、やっぱりカンパニョーロ・ファンなので、出来れば最新・最高とされるモノを手に入れたいと思う訳です。

例え私には過剰であっても、将来的には駄作と呼ばれる可能性があっても、経済的に許されるならば手に入れたい。

そして、通販で一式を安く手に入れる方法は見つかりました。


あとは、その為には既存のフレームに穴を開けて大丈夫なのか?チェーンリングがコンパクトに限り専用品でなければダメとのことだが、何時になったら単品購入できるのか?といった疑問を解決するだけです。


公式なアナウンスは殊更「専用フレームで、正規代理店購入、購入店取りつけでないと保証しない」と主張しますが、私の場合、今のコンポもフレームも別に保証付きで買ってませんし、保証で何か解決して貰おうなんて思っていませんので、全く意味がありません。

一昔前なら「カーボンフレームに穴を開けるなんて、自殺行為だ!」なんて非難も受けたでしょうが、最近はありがたい事にそのカーボン加工を生業にしてる業者さんも沢山あります。

ですから、フレーム自体が不良品でなければ、強度を保ちつつ、ワイヤーを通す穴と、バッテリーユニットを固定する場所くらいは確保できるんじゃないか?と楽観しています。

まあ、クランクは最悪、買い替えでも仕方ないでしょう。


とはいえ、それなりにコストと時間のかかる作業ですので、直ぐに実現するという訳ではありません。

今、手持ちのフレームを加工するという選択肢にしても、今日現在で気に入る専用フレームが発売されてないからで、月日が経てば、買い替えた方が良くなるかもしれませんし、この先どうなるかなんてことは分かりません。


ただ、一つハッキリしたのは、私はこれからもカンパを使い続けるし、一番欲しい物を買い続けるだろうということです。
スポンサーサイト

コメント


GO TOP