テンポラリー・タイヤ

昨日寝る前に閃いたのですが…


ロードバイクのチューブラータイヤを使用するようになって数年、いつも不満に思っていたことがあります。

それは万国共通の悩み、スペアタイヤの携行。

最近はシーラントを注入する等、若干の進化?も見られますが、それでも即ちスペアタイヤ不要…とはなりません。

実際、私も出先でシーラント入りのタイヤを破裂させて酷い目に遭いましたので、結局スペアタイヤを携行してます。

チューブラー愛用者ならご理解いただけると思いますが、スペアと言っても普通のチューブラータイヤ、非常に嵩張ります。
重さ300g前後、折り畳んだサイズもクリンチャータイヤより大きいです。

私はコンチネンタルのGP4000チューブラーを愛用していますが、これはケーシングが固くてチューブがブチルなので、畳んでもコンパクトにならない。

そこで非常用と割り切って、軽量なTUFOや柔らかいヴィットリアをスペアに携行していますが、それでもツール缶に入るようなコンパクトさには程遠いです。

仕方が無いので、先人に倣ってサドル下にぶら下げていますが、そうなるとサドルバッグは付けられませんので、携帯工具などはツール缶やトップチューブバッグ等の収納先を用意しなければなりません。

また、サドルの近くにそれなりの重量物を取りつけますので、ダンシングの際の軽快感は味わえません。

クリンチャー並みとは言いませんが、せめてもう少し何とかならないだろうか?

もし、ツール缶に収まるサイズに畳めて、隙間に工具など入れられたら、タイヤを持ち歩く煩わしさが一気に軽減されると思うのです。

もちろん、通常のチューブラータイヤ並みの性能なんか要りません。
ただ、緊急時の間に合わせ(テンパータイヤ)で良いのです。

トレッドは2~300kmで坊主になっても構いませんし、幅は19mm程度で十分、安全な場所まで動ける程度、最低限のスペックで良いんです。
ただ、再パンクは命取りなので、耐パンクベルトだけはケチらないで欲しい、基本は使い捨てなので価格も抑え目にして欲しい(3,000円程度)という個人的な希望はあります。

そして、接着に関してもタイヤ側に既にテープが貼りつけてあれば言う事無しです。

基本的にこのタイヤを履いて限界まで責めることはありませんし、必要以上にバイクを倒しこんでサイドグリップにモノを言わせるような走りも無しですから、接着力に関しても程々で良いんです。

空気を入れた状態のチューブラータイヤはその圧力でリムに押し付けられますので、そう簡単には外れません。

全てをテンポラリーに徹した製品が出来れば、買う人が居るんじゃないか?と思うのですよ。



と。



既に過去、製品化が試みられたのか?どうかは知りませんが、今の技術でも不可能なんでしょうか?

個人的にはコンチネンタル辺りなら造る技術もありそうですし、造ればそれなりに売れるような気がするんですよ。

相変わらず軽量&ディープリムホイールの主流はカーボンチューブラーである実情や、安価で精度も高い良品カーボンホイールが増えたお陰で、普段使いにチューブラーを愛用する人が増えてきていることを鑑みても、悪くないアイデアだと思ったんですけどね。

どうでしょう??
スポンサーサイト

コメント

ホビダー #-

どうなんでしょうか

技術的には作れそうな気がしますし、予備タイヤはかさばるので困ります。
昔のように肩にかけるとか(笑)

ただ、テンパータイヤを履き続けてパンクさせる方を見たことがあります。
そんな方がいる以上、ロードタイヤにおいても
長距離走る方、攻める方がいそうです。
挙げ句、訴訟問題へ。

2012年01月20日(金) 21時30分 | URL | 編集

row-kuma #-

それは

造れる気は、私もします。

テンパーで走り続ける阿呆はいるでしょうね。
ただ、ご指摘の問題はPL法で言うところの「指示・警告上の欠陥」が存在しなければ、責任は発生しないと思われます。
そうでないと、そもそもの自動車用テンパータイヤがアウトになっちゃいますからね。

2012年01月21日(土) 01時14分 | URL | 編集


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。