最高より最好

やっぱり、今週は自転車関係のブログ・Twitterともにツール・ド・おきなわ(一部龍勢HC?)の記事が多いですね。

皆さん、趣味を満喫されているようで何より(一寸上から目線か?w)です。


私も1,2年前まで「出られるもんなら出てみたい沖縄(字余り)」って感じでしたが、追熟が進んだ最近の心境には、少し変化が現われています。

その変化を一番感じるのは、熱い?ブログやコメントを読んだ時で、以前なら「ほー、凄いな~。」って感じだったんですが、今では「うーん、分かってないな~w」って具合。

別に熱中してる人を茶化してる訳でも僻んでる訳でもないと思うのですが、のめり込み過ぎてる人を見かけるとすこーし、距離を置きたい気分。

もちろん個人のブログですので、自由に書いても構わないですし、そのことに一々突っかかる気持ちも無いんですが、あまりに自分目線で他のレース参加者やサイクリストに対する配慮が足りなんじゃないかな?という人を時々見かけます。

1年前ならそういうブログも読めたんですが、今は「もういいや」って感じで読了です。

多分、数年前の自分を見てるような気がして嫌悪感を覚えるのでしょうね。

幸い、今現在拙ブログにリンクを張らせていただいてる方々にそういう方はいませんが、検索で偶々引っかかって見るような時には目にしてしまいます。

私も幾つかのチームの末席に座らせていただいて、色んな嗜好をお持ちのサイクリストに接してきましたが、本当に千差万別。

大きく分ければサイクリング嗜好、レース嗜好、ロング嗜好等色々カテゴライズ出来るのかもしれませんが、私の実感としては各人が各人嗜好。

同じレースを目指していても、優勝しか見えていない人、完走が目標の人、自分越えが目標の人、様々なんですよね。

私もそういった違いを理解し、認められるようになったのはつい最近です。

少し前までは自分の価値観を暑苦しく押し付けていたと感じます。


年を取ったのか、少し大人になったのか…意見を言うことと、考えを押し付けることの違いを理解し、使い分けることの難しさに呆然とすることすらあります。

多分、今は目の前のことに熱中し過ぎて周りが見えていない(ように見える)人達もいずれ気付く時がやってくるでしょう。


まあ、“ツール・ド・おきなわ”がホビーレース最高峰であることと、シーズンを総括する時期であることもあって、そういう記事やコメントが目立つんでしょうね。


私個人は、最高の結果を得られなくても最好の走りが出来れば良いかな~。
スポンサーサイト

コメント

東風 #-

はじめまして。
記事、楽しく拝読させていただきました。(^^
>意見を言うことと、考えを押し付けることの違いを理解し、使い分けることの難しさ
本当に同感です。
偶然ながら私も同じことを考える機会がよくあります。
(たいがいは後悔半分なのですがw)
「聞く耳」を持つのはいいオトナになってもなかなか出来ないものだな、と実感する今日この頃です~

2011年11月17日(木) 22時08分 | URL | 編集

row-kuma #-

>東風さん
はじめまして。
私も偉そうに書くほど実践できているか?というと、甚だ疑問です。
発言に気をつけることと「聞く耳」を持つことは、これまた表裏一体でありながら、次元の違う作業で、正直十分な「聞く耳」は育ってないな、と思う日々です。
でも、そういうことに気付けば何かしら進歩があると思えるし、そんな自分が嫌いじゃないので、臆面も無くこんなブログを書いているという次第ですw

2011年11月17日(木) 23時23分 | URL | 編集

あらごん #-

私も自省するところあり

ブログだからどうしても表現が先鋭的になるかもしれませんよね。
私も夫婦サイクリングの楽しさを表現したいのに、変な文章しか書けないのです。
でもサイクリストに悪い人はいないと思いますし、何よりも、
皆が安全に自転車を楽しめるこの日本が、私は大好きです。

2011年11月21日(月) 08時10分 | URL | 編集

row-kuma #-

>あらごんさん
文字媒体はどうしても情報量に限界があるので、舌足らずになりますよね。
優れた書き手なら、本質がよりくっきり浮き上がるという利点もあるのでしょうが、素人には荷が重いです。
私見ながら、ブログやツイッターの成り立ちが私的な日記や呟きから発生しているので、情報共有するための前提条件のハードルが高いためにこういった説明不足が起こるのだと思います。
そこまで分かっているなら、あらごんさんのように温かい目で見守ってあげると良いのですが、それも出来ないのが修行不足というか…不徳の致すところですw

2011年11月22日(火) 13時24分 | URL | 編集


GO TOP