金銭感覚喪失症候群

先日、クロスバイクに乗っている知人が

「俺もロードバイク乗ろうかな~?」

と言うので

「おお!良いね~!!ぜひ買いなよ。」

と答えましたら、どうやらすでに狙いを付けているバイクがあるような雰囲気。

詳しく聞けば、家電量販店に置いてあるフルアルミで8万円くらいの物を考えているんですと。


すでにクロスバイクでスポーツバイクの楽しさにも目覚めている知人が、今さら同じアルミ製の、しかもハンドル形状以外は同グレードと称しても良いようなバイクを買う必要もあるまいと思い、僭越ながらアドバイスさせていただきました。


「そんな安物買っても後悔するだけだから、専門店で20万円くらい出して、フルカーボンに105がアッセンブルされているようなバイクを買うべきだよ」
的なことを申し上げました。

すると、その知人は

「お前、8万円の自転車を安物呼ばわりして、20万円~が入門機って、金銭感覚狂ってないか?」

と宣うのです。


そこでハッと気付いたのは、私も5万円弱のクロスバイクから20万円のロードバイクに乗り換えた際は、清水の舞台から飛び降りるような勢いを要したということです。

展示会に何度も足を運び、現物を舐めまわすようにチェックして、等々数か月の準備期間を経ての購入でした。

その後も10万円のホイールを購入した時、人生で最後の贅沢と思いましたし、3万円のヘルメットを手に入れた時は、これで万が一事故っても死なずに済む、くらいの無敵感を感じました。


確かに今では、40万円のフレームも30万円のホイールもカタログだけで購入を決めるような状況ですが、それを金銭感覚の崩壊と言ってしまって良いのかどうか…


私は平均以下のサラリーマンですので可処分所得は多くありませんが、現在の趣味生活におけるロードバイクの相対的地位は高い位置にあります。

必然、小遣いからロードバイク購入資金に流れるお金も多めになります。

場合によっては必要経費と思われる部分にまで手を付けて、ロードバイクにかける費用を捻出します。

昔、自動車に凝っていた時はそのお金が車に流れていましたので、それがそのまま自転車に置き換わっただけです。


ちなみにその知人は、やたらなデジタル・ガジェットおたくで、Macの製品もアンドロイド関係の製品もお構いなしに新製品は何でも買いまくっています。

私からするとコレの方が
「お前、金銭感覚おかしいんじゃないのか?」
って感じです。

他にもカメラ関係、オートバイ関係、芝居関係…色々な人がいます。


そう、自転車乗りが自転車に対する金銭感覚がおかしいんではなく、趣味に没頭しやすい人が自転車にハマっただけなんです。







…ん?やっぱり俺は金銭感覚がおかしいのか??








いやいやいや、そういう破滅的なニュアンスではなく、その趣味にかける熱中度合いを示す指標の一つとして金額の大小があるだけで、過剰な投資額かどうかという判断はそれとは別にあるのです。

10万円でも借金して買うのと、30万円をコツコツ貯めてから使うのでは当然、後者の方が健全な訳で、私の自転車的金銭感覚は正常の範囲内に留まっています。

また他の物、例えば衣類を買う時、食事をする時、身の丈を超えた買い物を常にしているか?と言えば、ユニクロや吉野家で済ますこともよくありますので、金銭感覚全般で見ても異常とは認められないでしょう。


と言うことで、私の知人は金銭感覚のおかしい人に相談をしたのではなく、自転車熱が同じくらいの人に相談しなかった為に価値観と経験値の相違に直面して、戸惑ったということが結論になります。











って、何のこっちゃ?w
スポンサーサイト

コメント

pata #-

「結論」は、メチャクチャ正しいと思います!
た、確かに熱中度と 費やす費用とは、比例関係にあります。
 私の場合は、3年ぐらい前まで お知り合いの方と同様 デジタル・ガジェットにはまってました。それが今や…… とりあえず、両方とも落ち着いてます( ^_^;;)
 ただ、自転車にこんなお金がかかるとは思わなかった(TT

2011年11月14日(月) 13時04分 | URL | 編集

row-kuma #-

>pataさん
私の便所の落書きのような殴り書きに反応していただいてありがとうございます<(_ _)>
しかし、訂正がございます。

>ただ、自転車にこんなお金がかかるとは思わなかった(TT

→(自分が)こんなにお金をかけるとは思わなかった。

ですw

2011年11月14日(月) 19時56分 | URL | 編集


GO TOP