ガーン・ショック!

先日、時計の電池が切れたっぽいので交換に出しました。

普通の家電量販店に持ち込んだら、メーカーへ送って交換・検品するとのことでした。

まあ10気圧防水のモデルでしたので、さもありなんと思い3週間後の受取ということで了承し、預けて来ましたら、本日連絡がありました。


「部品破損の恐れがあるため、交換不可とのことです。」


???私は一瞬、何を言われているのか解らずに「はぁ?」と聞き返してしまいました。


「電池を交換する際に部品が壊れる恐れがあるので、交換できないとの回答です。」


やっぱり意味が分かりません。


「電池を交換する時に他の部品を傷つけてしまうような構造なのか?」
「もし壊れてしまった時はその部品も交換すれば良いのではないか?」

と問い返しますが、相変わらず店員の返事は要領を得ません。


そのままの内容を再度メーカー側に投げかけるように言い渡し、待つこと数時間…メーカーからの回答がありました。

内容は
「この製品は時計本体に樹脂パーツを使用しているため、取り外しの際に経年劣化で破損する可能性がある。」
「製造後10年以上経過しているので、破損した場合に代替部品を用意できない。」
と、概ねこんな感じでした。


その場では分かったと電話を切りましたが、どうも気分がスッキリしません。

その原因は

電池交換できない理由は、“部品が破損するから”ではなくて、“破損したら手当てできないから”ではないか。
物事の事情を説明するなら、内容は正確に伝えなくてはいけません。
量販店の店員の説明は全く言葉足らずです。

その稚拙さ、意識の低さにガッカリ。

もうひとつ

その時計は世界有数のタフさが売りのモデルで、発売時には樹脂であることが軽さと堅牢性を両立していると散々宣伝していたこと。
裏蓋外した位で壊れるような耐久性で、謳い文句の性能を維持できるのは何ヶ月なんだ?という疑問が湧いてきたこと。
部品保有期限について、メーカー側として落ち度が無いのは理解できるが、数万円する腕時計が期待される寿命として10年は適当なのか?
しかも原因は“電池切れ”なのに。


このメーカーは、ほぼ全てのモデルに樹脂パーツを多用していますので、10万円オーバーの物も“電池寿命10年”です。



やっぱり中途半端なクォーツ時計は買ってはいけませんね。
これからは、その点を良く考えて買うことにします。

今回はちょっと、愚痴ってみましたw
スポンサーサイト

コメント

あらごん #-

悔しいですね

モノを大事にする気持ちを踏みにじるような事態ですね。
残念です。
お金をかければ対応するとかしてくれればいいのに。

これだけ部材費や人件費がかかる時代には、工業製品を大事にすることは時代錯誤なんですかね。
iPhoneの電池交換も機器ごと交換だそうですし。
寂しい限りです。

2011年09月14日(水) 22時23分 | URL | 編集

row-kuma #-

エコ

>あらごんさん
世の中的に電力消費を抑えることと、ゴミのリサイクル率が高い事がエコという風潮があって、常々違和感を覚えていましたが、その理由が見えた気がしました。
“修理して長く使う”というエコは、メーカー的には都合の悪いエコということでしょう。
エコも企業のエゴで選別されているということでしょうね。

日本では本当のエコは根付いてないなぁ、と感じる回答でした。

本当に一流と言われるメーカーは修理して何十年も使える選択肢が必ずありますが、日本のメーカーでそういうところは少ない気がします。

日本人としてちょっと残念に感じる瞬間でしたね。

2011年09月15日(木) 10時21分 | URL | 編集

NARU #-

Gショック

この春に、Gショック(似非スピードモデル)のベゼルが破損したのと、ついでに電池交換をカシオのサービスセンターに持ち込んで作業をお願いしたら、約5千かかりました。このGショックは約15年ぐらい前に成田のオリンピックで購入して愛着があったので、修理しました。

で、アマゾンで見たら、見た目同じの新品のGショックがほとんど変わらないぐらいで、売っていてガーン!!

まあ、思い出がしみついているGショックなので、思い出はプライスレスということで(笑)。

2011年09月25日(日) 11時05分 | URL | 編集

row-kuma #-

モデル

>NARUさん
それは現在でも製造している定番モデルだったから部品があったのでしょうね。ラッキーでしたね。
私のは限定モデルだったので、直ぐに製造自体がストップしてしまいました。
「10年経ったら部品が手配できないので、電池交換すらできなくなります」と言われていれば、買わなかったと思います。
私はそれほど思い入れは無いですけど、全く不具合が無いのに動かない時計を見るのは切ない気分です。

2011年09月25日(日) 15時07分 | URL | 編集


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。