革靴

先日、東京出張に向かう途中の駅階段で靴のソールが踵側からベロンっと剥がれました。

初めは何が起こったのか理解できず、左足に感じる妙な感触を「ガムでも踏んだか?」位に思いましたが、階段下で靴底を確認してビックリ。

母指球からつま先だけで辛うじて繋がっているだけで、歩行感はまるっきり“便所のサンダル”です。

急いで靴を何とかしなければと思いますが、不幸にもそこは近鉄丹波橋駅…

仕方が無いので片足引きずりながら京都駅まで辿りつき、急いでコンビニに入って瞬間接着剤を購入しました。


取り説によると約10分で乾燥、実用強度に達するまで1時間、完全硬化は24時間となっています。

新幹線に乗り込みすぐに接着すると、圧力をかける為に東京駅まで足組みもせず、左足は地面に踵まで着けたまま。


その甲斐あって、その後ソールが再び剥がれることはなかったのですが、やはり不安を抱えたまま使う気にもならず、自宅へ到着後はお役御免となりました。


今まで仕事用の靴には無頓着で、見た目・価格だけで適当に決めていましたが、今回の件で、恥ずかしながら革底でも接着式のソールの物があることを初めて知りました。

何となく「いい年なんだから、普段から相応の物を使いなさい」と言われたような気がします。


今度の休みには専門店に行って、キチンと説明を受けてから買うようにしようと思いました(自転車と同じですね)。
スポンサーサイト

コメント

pata #-

まだましです!

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

 いや~、にたようなことはあるもんで、
私の場合、会社で歩いていたら、ソールどころか 靴底全体がべろんと剥がれてしまったことがあります(; _ ;)。
 仕方なく、ぺったん、ぺったん 言わせながら会社から1km位先の靴屋まで、靴を買いに行きました。
 恥ずかしかったなあ~。たしかに、相応のモノ買うべきなんですが、いま履いているくつも 自転車パーツと一緒で、特価品です。う~む、「安物買いの銭失い」は、パーツだけじゃなかったなあ、と気づきました( ^_^;;)

2011年08月29日(月) 12時27分 | URL | 編集

row-kuma #-

私も

>pataさん

壊れた靴で歩くというのは、裸足で歩くより恥ずかしいかもしれませんね?

言い訳になりますが、私の靴は特価品じゃありませんでしたw
でも“バッタもん”ですから、同じかぁ・・・

若かりし頃、ファッション雑誌を読み漁って「オールデンの靴ってのはさぁ・・・」とか半可通の知識をひけらかしていたのが恥ずかしく感じます。

まあ、本質を知らずに語る性格は今も変わってないんですけど。

一番高い靴がビンディングシューズにならないよう、気をつけますw

2011年08月29日(月) 12時43分 | URL | 編集


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。