涼を求めて

今日は久々に半日フリーとなったので、久しぶりに保津峡へ。

途中CRを経由して嵐山を抜けますが、見慣れない幟が・・・

「冷やしとうふ」とな?

湯とうふ屋が夏メニューとして出しているものですが、普通に“冷やっこ”で良いんじゃ?

と思ったら、「冷やっこ」と表記している店もありました。


いずれにしても観光客向けの価格でアホみたいに高いので、私が口にすることは無さそうです。



そこから30分ほどで保津峡に着きましたが、とても数キロの距離とは思えないほど気温が違います。

下りではウィンドブレーカを持ってこなかったことを後悔するほどでした。


とはいえ、基本は上りなので、その心配は杞憂だったということをすぐ理解したのですが。


さて時間は10時を回り、下界はドンドン気温が上がっている頃ですが、このまま夜まで保津峡に留まる訳にもいきませんので、ノロノロと亀岡に下ります。

最短で戻ると総距離が100kmに届かないので、少し八木へ回り道してから枚方亀岡線を通って13時頃帰宅しました。

高槻駅前の関西大校舎は完成したみたいですが、相変わらず踏み切りは再開されていないですね。

このせいでアクセスが非常に悪くなり、亀岡方面に足が向かなくなったのですよ。


それはともかく、やはりこの時期の日中に走るのは健康的に良くないですね。

十分注意したつもりでしたが、熱中症気味な症状が出てしまいました。

夏バテとも言うんでしょうかね?


明日は天神祭りなので、アルコールで殺菌と冷却をして、体調を整えようと思いますw
スポンサーサイト

コメント


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。