ハルヒル2017

昨日は、第5回榛名山ヒルクライムin高崎に参加してきました。

第1回からずっと参加し続けているので今年で5回目です。

この大会、毎年同じ時期に開催されるのですが、いつも天気に恵まれ、そして気温が高くなるのが不思議です。
昨日も気温30度を超える夏日で、登った姿のまま下山できるような暑さでした。

体力的にも下り坂の年頃ですので、完走タイムは年々順調に遅くなっていますが、それでも自分の脚試しと、第二の故郷である高崎で開催される唯一の大会ですので、これからも抽選に当たる限り参加しようと思ってます。

さて、元々自慢できるような脚力を持ち合わせていませんので、レースの準備だとか、駆け引きだとか、その手の反省や参考になる話は全くできないのですが、5年連続で参加してきて感じた事を少し覚書程度に記しておきます。

まず前日受付の状況ですが、最初の1,2年はスタッフも参加者もテンションが高かったせいか、特設ステージや物販ブースまで人が溢れて活況を呈してましたが、5回目の今年は良い意味で落ち着いてました。
受付に来る人たちも時間帯がバラけて、物販ブースも販売中心というより、製品の特長をじっくり説明する雰囲気が漂っていたように感じました。
タキザワは相変わらずでしたけどねw あそこは、どの会場でもあれですから、一貫していて良いのです。

ホテルはいつもの定宿ですが、風呂だけ他所の温泉に入りに行きました。
そこは簡易宿泊もできる施設なのですが、昔はハルヒルに参加しているような連中は見かけなかったのに、今年は早い時間から入浴&宿泊している参加者を見ました。
駐輪場に自転車置いてありましたから、間違いないですねw

参加者数は今年も過去最高を更新したようですので、人が増えたことと、リピーターも増えたことで、マニアックな場所に出没する参加者も増えたってことでしょう。

大会に協賛・協力している企業や店にとっては、その知名度を生かして客を独占できたおいしい時期が終わったのかもしれません。
主催者もスポンサーの撤退に頭を悩ませる時期かもしれませんね。
でも、高崎、群馬全体にとってはお金を落としていく範囲が広がって、良いことだと思います。

その協力会社の中で、直接ビジネスには結び付かないけれど、かなり参加者に対して影響が大きいのが、駐車場提供企業です。
大体、会場周辺の工場なのですが、毎年場所を提供してくれる企業といつの間にか撤退してしまった企業があり、撤退したところに限って会場から近くて大きかったりするのです。

これは、各社事情があるでしょうから、我々がどうこう言える問題ではないのですが、そこの会社名を見ると残念な気持ちになるのもまた事実です。

レースの運営自体は、主催者もボランティアの皆さんもそして周辺の住民の皆さんも慣れてきたのか、非常にスムーズで個人的には言うことないです。

朝早くから道路を閉鎖して、ワイワイ騒がしくして、本当に御免なさい、って感じです。
協力して下さった皆さんに少しでも経済的な恩恵であったり、何かしら良い影響があれば良いなと思っています。

その為には私も率先してお金を使わねば、と思っていますので、来年も頑張ります。

ただ、毎年気になってるのは、榛名湖畔の食堂などの売店です。

例年天気が良いだけに、日曜日の午前中を道路封鎖されて、せっかく登ってきた6千人近くの自転車乗りもほとんどがあっという間に下りてしまいます。
中には寄り道して買い物する選手もいるようですが、売り上げ的にはどうなんでしょう?
まあ、榛名がヒルクライマーの聖地になって、毎週末のように自転車乗りがやってくるので、トータルで見ればプラスになっていることを願いましょう。

最後に個人的なことを書くと、今年は二か月前にお腹の手術をして出場も危ぶまれたところ、無事完走出来て、復活を確認できましたので、いつにも増して、思い出深い大会になりました。

・・・さて、これから第3の故郷・前橋の大会エントリーに全力を尽くしましょうか!w
スポンサーサイト
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。