Racing Zero nite

久しぶりに機材ネタです。

出ましたね~、カンパ版エグザリットw

RacingZeronite

正確にはフルクラムですが、カンパニョーロブランドでも直に出してくるでしょう。

私はMavicのエグザリット愛用者ですので、この方向性は大歓迎です。

リムのコーティングは見た目だけでなく、性能面でもメリットがある方式だと思います。

さらに流通規制の厳しいMavicより、幾分取扱が緩いカンパニョーロで出してくれれば、購入価格も大幅に下がるでしょう。

そういう意味でも嬉しいことですし、私は密かにこの方式が一つの到達点というか、今後の主流になると考えていますので、総合?ホイールブランドの2強が採用したことで、思いを強くしました。



今メディアが盛んに取り上げているロードバイクの未来像というのは、電動&ディスクブレーキ&ファット?なタイヤです。
これの具体的なイメージがグラベル・ロードと呼ばれる、新カテゴリーかと思います。

これはこれである意味正常進化ですし、モーターサイクルの進化と比較しても、ごく真っ当な未来だと思います。
もしかしたら、これに新素材や新技術が加味されて、ロードバイクレースもこれらの機材で争われる時代が来るかもしれません。

でも、それと同時にブラックボックス化が進み、ホビーユーザーが離れていく可能性もまた、モーターサイクルの歩みをなぞる様な気がします。
今の日本のロードバイクブームの少なくとも半分位は、機械弄りとして自転車を楽しむ人たちが支えていると思います。

ところが、電動&ディスクが主流になると、そのハードルが一気に上がってしまうor楽しみが大幅に減ってしまうのです。

この辺は意見が分かれるところかも知れませんが、ある程度の知識と経験で弄れてしまうけれども、誰でも弄れる訳でない、という微妙なバランスが今のロードバイクでは成立しているのです。

MTB等、機械的には遥かにロードバイクより複雑で高度な技術で作られているにも関わらず人気がイマイチ盛り上がらないのは、フィールドが限定されるという理由だけではない気がします。

どんなスポーツでも競技として突き詰めて行く方向性とは別に、ホビーとしての「ほどほど感」、特別な技能を持たない素人でも楽しめる緩さを持った選択肢が存在しないと、裾野は広がらないと思います。

その点で、自転車は今でこそ「プロと全く同じバイクに乗れる」ことが、売りであり、ステータスでありますが、今後は他の乗り物同様、カリカリのレーシングレプリカ(=TTバイク、ディスク・ロードなど)と速さだけを競わないバランスの取れたスポーツバイクという方向性など、幾つにも楽しみの志向が分かれて行くと思いますし、それが成熟した姿かな、とも思います。


と、かなり話が脱線しましたが、エグザリット系ホイールは、まさにその“別”の方向性の主役になれるホイールではないかと思うのです。
単なる懐古主義でもなく、かといって最先端のモードでもなく「今の技術を使って、基本性能をブラッシュアップし、気持ちよく走れるように作りました」みたいな、自転車にピッタリくると思います。

そして、そんなバイクこそ、私が「待ってました!」なバイクであり、このホイールもそんなホイールなんです。
スポンサーサイト

キツいっす

昨日の日曜日は、微妙な天気でしたけれど結局雨は降らず、走ることが出来ました。

朝の4時半に起きてやる気満々でしたが、外を見ると路面が一部薄っすらと濡れていました。
「雨降ったのかよ・・・」とテンション下がりましたが、天気予報を見て予定通り出発することに決め、5時過ぎに自宅を出ました。

目的地は奥多摩と奥武蔵で迷いましたが、午前中で帰宅しないといけないこと、天候の急変や補給地点の多さ、土地勘等を勘案して奥武蔵(定峰峠)にターゲットを決めました。

横松から小川に抜け、東秩父村をグルッと回ってのルートです。

このコース、距離を稼ぐには良いのですが、ショートカットなど他の選択肢が少なくて、融通が利かない、あんまり好きじゃないコースなんですけどね。
先々週に定峰へ行きそびれていたので「一回行って、GoProで下りを撮影しなきゃ」と思った訳です。

白石のバス停までで結構疲れてしまって、最後の4kmほどの上り区間がしんどかったですが、何とか8時過ぎに登頂。

時間と距離を考えたら、白石峠まで上って一気に下るほうが早いと思いましたが、脚が白石までの上りを拒否していたため、来た道を戻りました。

結局、松郷を地味に上り返すことになりましたが、それ以外は極力上りを避けて帰宅、11時過ぎに帰宅することが出来ました。

家に着く頃には、両足と両手が生まれたての子牛のようにプルプルしてましたw
やっぱり、鈍った体で120kmはキツかったですね。

自宅で早速GoProの映像を見ましたが、やっぱり地味ですね。
多分、短く編集して、ロックなBGMでも付けるとマシになるのかもしれませんが、殆ど無音で10分以上ひたすら下る映像は飽きます。

まあ、子供とアウトドアで遊んだ映像も撮れますし、初めて走るコースのスナップ映像と考えれば、それはそれで悪くないんですけどね。

赤城ヒルクライムの時は面白い画が撮れるんじゃないか?と期待しております。
GO TOP