Mille Miglia

雨で思うように走れなかったこの週末、ボーッとTVを観ていると、「La Festa Mille Miglia」の再放送をやってました。

これはイタリアのクラシックカーレースの日本版で、“自動車版オリエンテーリング”みたいな感じで、トラブルまで楽しんじゃうような余裕が、良いな~と思いましたが、これに参加するには精神的なだけじゃなく、財力にも余裕が必要ですので、私のような短気な庶民には無理そうです。

じゃあ、自転車で同じ事をやろう!と思ったら、すでにそのようなイベントも存在するようです。
「L'Eroica」が本家で、日本版が「L'英雄」というそうです。

HPを拝見しますと、どうもコスプレ・サイクリングという色合いが濃いようで、私のイメージとは違いましたが。

「L'英雄」にもう少し競技的な要素と過酷さを加えて、近い将来、仲間たちと楽しめたら良いな・・・なんて思いました。
(RaphaのGentleman's Raceもイイ線いってるんですが、いかんせん過酷過ぎますねw)

イメージ的には1日200~300kmのダート含のコースをレギュレーション有で、2~3ステージでやる感じでしょうか?
途中、TT区間とか設けたり、最終日には成績発表したり、夜はちゃんとしたホテルや旅館に泊まって、その土地を味わう、みたいな。

仕事をリタイアしたメンバー中心にスケジュールを組んでやってみたいもんです。
あと、5、6年後かな?
私も早期リタイア目指して頑張りますw



さて昨日の日曜日、奇しくも一人でそのレースの予行練習をする羽目に陥りました。

早朝で雨が止み、昼前から晴れ間も広がったため、勇んで出かけたサイクリストも多かったようですが、私は子供会の芋堀り体験があった為、午後からの出撃になってしまいました。

夕方には天気が崩れるという情報も耳にしていたし、2時間程度だから、と荒川サイクリングロードを目指しました。

入間大橋からサイクリングロードに入り、ホンダエアポートを過ぎるまでは真夏のような暑さでした。
この辺で折り返して、榎本牧場にでも寄って帰ろうか?なんてことも考えましたが、せっかく梅雨の晴れ間に走れたんだから勿体無い、と貧乏根性丸出しで先に進んで、結局吉見まで行ってしまいました。

桜堤までは頻繁にすれ違った自転車乗りもその先ではパッタリ出会わなくなり、管理棟もガラーンとしていて、これはもしかしてヤバいかな?と思った瞬間、空がゴロゴロ言い出しました。

補給食と水を慌てて飲み込んで、急いでサイクリングロードを戻りましたが、程なく雨粒が落ちてきました。

鳥羽井沼の横の土手上を走る頃には、雨も本降り、雷もピカピカで生きた心地がしませんでした。
ホンダエアポート辺りで追いついたローディーに挨拶して追い抜いた時には、あまりの濡れ鼠っぷりと必死さに自分が可笑しくて堪らなくなっちゃいました。

全身ずぶ濡れ、道路は川のよう、視界は雨で十数メートル先しか見えないような状態でも不思議と脚は回って、吉見を出てから1時間後には自宅に居ました。

火事場の馬鹿力とでも言いましょうか、人間、普段は有得ない状況に置かれるといつも以上に頑張れるというか、テンション上がっちゃうもんですね。

自然の中で遊ぶって、こういうことだなぁ・・・なんて、一人納得した日曜日でした。
スポンサーサイト

Mio LINK

この週末は天気が悪そうですね。

自転車に乗れそうもないし、せっかくの悪天候なんで、GoProの耐久性をテストしてみようと思います。

さて、自転車に乗ることが出来ないと物欲ネタしか思いつかないのですが、今私が気になっているのが、タイトルの「Mio LINK」という製品です。

MioLINK


Mioというメーカーの心拍系は海外の通販サイトなんかでも扱っているので、ご存知の方も多いかと思いますが、最近心拍バンドが発売されました。

これ、チェスト・ストラップの腕版なんです。

以前の私は、Garmin純正のソフトストラップを使っていましたが、肌が弱いため汗で被れて、度々蚯蚓腫れのようになっていました。
今はGarmin純正心拍測定器にPolarのバンドを使用してかなりマシになったのですが、それでも大量に汗をかいたりする夏場や、逆に肌が乾燥する冬場は痒みが出てしまいます。

そんな時に見つけたのがコレでした。

使用方法は腕に巻くだけ。
光学式センサーなので、乾燥していても濡れていても感度に影響なく、ANT+及びBluetoothの両方式に対応しているため接続機器を選びません。
もちろん、胸に巻くより遥かにスマートで、被れる危険性も段違いで少ないです。

以前から腕時計型のタッチ式心拍計というのはありましたが、あくまでも簡易版で立ち止まってセンサー部に指を押し付けている間だけ計測されるというものでした。

まさにニッチな商品ですが、私にとっては今のGarmin資産も無駄にならず、スマホアプリや様々な機器にも対応でき、導入障壁が極端に低いと感じるのです。


ただ、バッテリーが内臓・充電式なので、7時間程度しか連続使用が出来ず、ロングディスタンスには対応できません。

普段は3~4時間のライドが殆どの私にとっては、さほど問題ないように思いますが、それでも7時間は微妙な時間です。

やっぱり腕時計型心拍計をメインに作っている会社だけに想定はランニングなのでしょうね。

もう一息、バッテリー性能を向上するか、交換式にするか、いっそピアス式にするか、Garminとか本気で開発してくれないでしょうかねぇ。

ドライブレコーダー兼

一日中曇り空だった土曜日、またしてもGoProを持ち出して名栗路に繰り出したのは9時前。

かなり出遅れてしまったので、道路は車と人で一杯です。

それでも1時間足らずで飯能市街を抜けると、大分走り易くなりました。

落合のコンビニで休憩して、この後のルートを検討しますが、まだ元気で昔の走れた時のイメージが抜けきっていない為、無謀なプランニングをしてしまいます。

とりあえず山伏峠を越え、正丸~刈場坂経由で定峰を下り、小川周りで荒川に出ようという魂胆で漕ぎ出しますが、刈場坂でお昼を回ってしまい、半ば昼食難民になってしまいました。

このまま定峰を下ってしまうと小川町辺りまでランチポイントがない。
ゆっくり食事なんてしてたら、荒川に出る時間も3時を大幅に過ぎてしまい、帰宅時間が予定をオーバーするのも目に見えています。

と言う事で、あっさり高篠峠を下り、都幾川で昼食を摂ることが出来ました。

さてGoProはと言うと、道中途切れ途切れではありますが、かなりの道程を記録してくれました。
前回のバッテリーの持ちが悪いという問題は、充電と使い方に原因があったようです。

撮影した動画も、カメラの取り付け位置を変更したおかげで走行ラインなどをチェックする事が出来るようになり、練習用機材として面白そうです。

また、道中必ず出遭う、無謀運転車もバッチリ記録されていて、いざという時には役立ちそうです(あまり嬉しい事ではないですが)。

それから意外な効用がありました。
それは、自分の運転がより安全になる、ということでした。

普段からそんなに無謀な運転をしているつもりは無かったのですが、それでも踏切では必ずクリートを外して立ち止まるとか、信号で「行ける」と思ってもやめておくとか、第三者的な視線を感じて思いとどまるケースが明らかに増えました。

自分の行動も記録されているというのは、後で消すことが出来ると分かっていても気になるもんです。

普段から普通に実践されている方達からすれば、「何を今更」な事ですが、精神的に一歩引いて見る事が出来るようになって安全性が高まるのならば、それも効果です。

正直、使えないオモチャと思っていたアクション系カメラですが、もう少し使ってみることにします。

13-29T

週末の記事2連発です。

この週末はGoProだけでなく、13-29Tカセットのシェイクダウンでもありました。
13-29T

先月の榛名山ヒルクライムで痛感したのは、ギヤが足りないってこと。

ずっと同じペースで走っていた女子選手に最後の激坂区間で置いていかれた時、彼女は相変わらずクルクルとペダルを回していましたが、私は立ち漕ぎで蛇行するのみ・・・
体力・脚力・重力以前にギヤが足りませんでしたorz

コンパクトクランクなんて・・・ビックギヤなんて・・・「漢」じゃない、なんて格好つけても、激坂でフラフラ蛇行する姿はもっとみっともない。

もちろん、タイムだって伸びません。
やせ我慢しても結果が付いてこなければ、それはただの自己満足。
もちろん、趣味だからそれでも全然構いませんが、私は結果も求めます。

しかし、「どんな坂でもギヤ1枚残して上ってやるぜ!」なんて粋がっていたのも昔の話です。

どんどん衰え続ける肉体と増え続ける体重、上がらないモチベーションという三重苦を抱えて、何とか9月の赤城山HCを乗り切るにはどうしたら良いか?
その私なりの答えが、軽いギヤをインストールしてとにかく回し続けること。

効果は・・・山伏峠まで、オールシッティングでも無理なく上がりきることができました。

やはり今までの25Tより上に26Tと29Tがあるのは精神的にも楽です。

今や「ヒルクライムで一番費用対効果が高い投資は、軽いギヤだ」と断言できます。

何十万もするホイールでヒイコラ上るより、軽いギヤ比でクルクルと上るほうが断然クールです。

私はこの夏、13-29Tのカセットでクールに過ごします!w

GoPro

この週末は天気がよく、自転車日和でしたね。

私自身にとっても久しぶりの自転車活動なので、張り切って土曜日の朝から出かけましたよ。

以前ヨドバシのポイントで手に入れたGoProを持って。
GoPro

はじめに向かった名栗は、早朝の林道はとても気持ちが良くて「ホームコースに帰ってきたな~」という感じで最高だったのですが、撮影のほうは思い通りに行きません。

GoProというカメラ、ご存知の方も多いと思いますが、ファインダーもモニターも無いので、撮影中の動画をリアルタイムに確認することが単体では出来ません。

普通はスマホでWi-Fi接続して確認したりするようですが、私はガラケー愛用者であるため、仕方なくiPodを別途持参してしのぎました。
もうAppleの製品は二度と使わないと誓ったのに、無念です・・・


でも、やっぱりそんなマイナスの感情が作用したのか、iPodのバッテリーが直ぐに切れてしまいましたorz

何とかそれでも無事に撮影終了(撮影時間も1時間足らずで不満ですが)し、家に帰って再生してみました。

家のテレビに見慣れた名栗の風景が映し出され、興奮気味に家人にあれやこれやと説明をしますが、数分過ぎても代わり映えしない景色と私の粗い息遣いが聞こえるのみ・・・結局10分ほどで上映会を終了しました。

であれば、美味しいシーンだけ集めて編集しようか?とも考えましたが、ホームビデオの編集作業すら面倒くさがってやらない私のこと、PCのスペック不足やら何やら、言い訳は無数に思いつきます。

翌日の日曜日もとりあえず多摩湖を撮影しましたが、名栗のデータの移行やら複数機器の充電やら後始末と準備に追われて、始めからテンションが上がりません。

撮れた動画も数分見ただけで消しちゃいましたw

私とほぼ同時期にアクションカメラを導入した某氏は、twitterやブログに画像を掲載したりして、楽しんでいるようです。

私はというと、それらSNSや機器を使いこなすこともできず、走るコースも一人で同じルートを辿るだけで、毎回同じ映像を撮り重ねるだけなのが目に見えています。
GARMINで記録したログが、日付以外前回と全く一緒ってのが、物語ってますもん。

こういう機器って持ち主を選ぶっていうか、楽しみ尽くすには装備もアイデアもスキルも必要、ということを改めて思い知りました。

たった2,3回しか使ってませんが、私にGoProは「豚に真珠」ということが、ハッキリ分かった週末でした。

買い物

梅雨に突入した週末は何すれば良いの?

と、思っていたところ、グッドタイミングでWiggleからのメール。

ガーミン製品の日本向け販売が終了するとのこと。

何を今更…と思いますが、折角なので日本では
手に入らないパッケージをバスケットへ。



最近、為替のメリットも薄らいで、殆ど海外サイトで買い物しませんでしたが、この週末はネットショッピングを楽しむことにしましょう。

とはいえ、まる二日も買い物し続ける財力はないので、バスケット入れたり出したり作戦でw

挫折のち日和見

先日、マングローブバイクスさんに自転車のオーバーホールに行った時判明したこと・・・グラベルロードは今は買いじゃない・・・ってこと。

某ビルダーのフレームをオーダーするか悩んでいたんだけど、フォークが別売り&カーボンフォークでディスクブレーキに耐えられる構造の物が見当たらない、ということが判明してあえなく頓挫。

シンジ店長からは「フレームだけ買って待ってれば?」と言われたけど、何十万もするフレームを眺めるだけの為に買うほど余裕のある懐でもないし、フレームとホイールとコンポと、全てが出揃ってから買うのと、乗り出しのタイミングは変わらないので、ペンディングに。

じゃあ、って訳じゃないけど、その間に1台普通のロードバイクを挟みましょうか?

それともシクロを買って、繋ぎの1台にするか?

さっさとシマノが本気でディスクロードをやってくれれば済むのに・・・

個人的にはコンパクトクランクと同じで、そのうちデュラエースのオイルディスクブレーキとホイールが登場するんじゃないかと考えてますが、若干チューブレスタイヤやエアロブームと同じ臭いを感じてるので、心配でもあります。

GO TOP