よるたま

最近、全く記事にしていませんが、昨晩はTAMA-RANGERの飲み会「よるたま」でした。

この飲み会、毎月最終木曜日に池袋で開催している飲み会で、もう5,6年やってるんじゃないかと思いますが、毎回会場を変え、幹事を変えて、細々と続いてます。

で、昨晩の会場がカレー屋さんだったのですが、これがなかなか良かったのですよ。


ナマステカトマンズ池袋店さん
はネパール出身のご夫妻が経営されているのですが、値段も良心的、味も良くて、非常に満足度が高いお店でした。

しかもカレー屋さんには珍しく飲み放題が付けられるので、アルコール的にも問題なし。

〆のカレーは5種類ほど出てきて、ナンと共にお替りし放題でしたので、腹いっぱい食べちゃいました。

普通の居酒屋とかだと食べ物が物足りなくて、〆にラーメンを食べたり、喫茶店でデザート食べたりしがちですが、ここは飲み放題の中にラッシーも含まれているので、二次会要らずです。

唯一の欠点というか、弱点は駅から遠いこと・・・池袋駅から数々の如何わしいエリアを抜けて10分ほど歩きます。
逆にその立地の悪さが値段の安さに繋がっている部分もあるので、一概に悪いとは言えませんが。

キャパは15人くらいですが、飲んだくれる飲み会に飽きたら、お勧めですよ。

でも、初デートで使うには周りの雰囲気からしてお勧めしませんけど。
勝負する時は、逆に良いかもねw



・・・っと、珍しくお店の宣伝をするのは、我々もまた1年後くらいに行きたいと思っているので、それまで潰れて貰っちゃ困るからですw



業務連絡:来月は沖縄料理のリクエストがありましたので、その方向で店を探してみます。
参加希望、お店の紹介、どちらも大歓迎ですので、よろしくお願いしま~す。
スポンサーサイト

ポタリング

ここ数年は「ポタリング」的な走り方を忘れ、「トレーニング」的な走りばかりでした。


どっちも“的”な走りで、トレーニング、ポタリングそのものでは無かったりするのですが・・・。

なので、今年は「赤城が終わったらポタリングしたいな~」と思っています。

時間の関係でそんなに遠くにも行けませんし、ジャージとレーパンを身に付けると“ゼーハー”しないといけないような強迫観念に駆られるので、せめて雰囲気だけでも、と。

私の中でポタリングのマストアイテムはカメラ・バックパック・サイクルニッカー(レーパンでない7分丈パンツ)・SPDペダル&シューズ・鉄自転車ってところです。

逆に言うと普段は絶対に持っていかない、身に付けないもの達ということになりますが。

で、これらのうち持っていないのがサイクルニッカーなのです。

前々から欲しいな~と思いつつも、意外と値段が張るのと、出番が無さそうな気がして踏ん切りがつかずにいました。

でも最近はお洒落で、街中でも違和感の無いものが沢山出てきて、買っても良いかな?と思うようになりました。

7分丈

これにサイクルジャージ着てSPDシューズ履いて、ヘルメット被れば、スポーティーなポタリストが完成するんじゃないか?と。

ガチガチのレーサーやツーリストではないけれど、レンタサイクルで散策中のおじさんでもない、程よいスポーツ感を醸し出したいのです。

まずは形からってところですが、洗脳されやすい私には丁度良いくらいじゃないかと思ってますw


さし当たって大宮・川越市場辺りからリハビリ始めましょうかね。

涼しい

今朝は走り出しで寒さを感じるくらい涼しかったです。

暑い、暑いと思っていましたが、秋は確実に近づいているようですね。

いよいよ今年最大の目標である赤城山ヒルクライムが1ヵ月後に迫ってきましたが、肝心の脚力と体重は全く進化なしorz


特に体重は下がるどころか増える始末・・・「こんだけお菓子我慢して走ってるのにオカシクナイ?」と思ってましたが、やっぱりお菓子買ったんです可笑しかったんです!

何が?

体重計が。


タニタの体組成計が購入から3年余りで壊れてしまってました。

前のオムロンも不測の事故とはいえ、やはり3年程度で壊れてしまいましたし、どうも我が家とハイテク体重計は相性が宜しくないようです。

実際問題、筋肉量や体年齢が分かっても「どーってことない」ですし、殆ど体重と体脂肪率しか見てませんでした。

体脂肪率も測定のタイミングやコンディションでコロコロ変わってしまい、参考程度の数値でしたので、本当に信用できる数字といえば体重だけでした。

ということは、体重だけ量れれば後は要らない機能ということです。


7年かかってようやく、そのことに気付きましたw

今から(シンプルな)体重計を買いに行ってきます!

フェラーリ

私には夢があります。

いや、そんな綺麗なモノではなくて、願望・欲望と言った方がしっくりくるかもしれません。

それはフェラーリのオーナーになるというものです。


「喫茶店を開く」と双璧を成す、男のロマンですよね。

まあ、時々“フェラーリ”が“ポルシェ”になったり、“ランボルギーニ”になったり、誤差はありますが、概ね同じ願望です。

で、私は真っ赤なフェラーリです。


そのために若い時からコツコツと小金を貯めて、定年退職したら自分にプレゼントしようと考えていました。

その辺は妻も了承済みです。




しかし、私の会社に定年退職まで勤めると66歳です。

仮に元気で定年を迎えられたとしても、それからフェラーリをドライブできる時間は限られます。

当然今より反射神経も運動能力も衰えているので、フェラーリの能力を引き出すなんてことはとても出来ません。


貯金とともに20代から続けてきたサーキット走行も、最近は年1~2回に減り、テクニック的な部分は衰えていないまでも、対応できる速度域が低下してきているのは感じています。


「もう、フェラーリを思いっきりドライブできるのは今がリミットなのかもしれない・・・」

そんな思いを抱えてこの数年を生きてきました。

そんな時、あの台詞がテレビから聞こえてきて、私の胸を抉ったのです。

「今でしょ!」



「ああ、今を逃したら一生後悔するかもしれない。もし60歳で死んじゃったら、悔やんでも悔やみきれない。」

そんな思い込みだけで無謀な買い物をする愚か者ではないつもりでしたけれど、銀行の残高も「逝けるんじゃない?」と言っています。


あとは家族を説得して、念願の固体を手に入れるだけです。


そうこうしているうちに時間が過ぎ、ブログの更新も新ジャージのデザインも止まってしまいました。


でも、ようやく念願が叶ったんです!

これから自転車に乗る時間もかけられるお金も減ると思いますが、フェラーリをドライブする為のトレーニングとして自転車と付き合っていこうと思っています。


それでは、私の念願の愛車を見てやってください。





458


1/43スケールのスロットカーです。

子供の頃、自宅にサーキットがあり夢中で走らせたものです。
同年輩の方ではお持ちの方も多かったんじゃないでしょうか?

ずっと1/32スケールのモノを楽しんでいたんですが、最近京商が力を入れ始めたことやラインナップが増えたこと、デジタル化によって遊び方が多様になったこと等、「機が熟した」という判断で買いました!

サイズが小さいことで、何とか自宅にもサーキットを設営できますし、イザとなれば分解・撤去も可能ですので、家族の理解も得られやすいです。


これでフェラーリと言わず、ランボルでもポルシェでもドライブしまくってやりますよw






本物?

そんなもの、もう一回人生やり直したって買えませんよww

酷暑のサイクリング

土日の2日間とも良い天気で、どちらも自転車に乗ることが出来ました。

ただし、土曜日の7時の段階で相当な猛暑具合だったので、日曜日は時間に余裕がありましたが、自主的に短縮して8時までで帰宅しました。

4時過ぎからの4時間弱でしたが、仁田山峠くらいは十分往復出来ました。
ただ、まだ明るくなりきる前の峠道は怖かったですねぇ・・・

帰路頭から水を被りながら走りましたが、あっという間に水分が蒸発していきました。
これも怖かったですねぇ。


やっぱり35度を超える猛暑日にアウトドア・スポーツをやるのは危ないと思います。
特に日向で運動し続ける自転車は思っている以上に体に対する負担が大きいです。
体温の上昇、吹き付ける熱風・・・サウナで運動するようなもんですから、心臓や脳へのダメージを考えるとゾッとします。


そんな私は、日中は確実に熱射病になると踏んで、早朝に走っていますが、昨日滋賀でサイクリストがひき逃げされて死亡したそうです。

発見の時間帯からして夜明け前に事故にあったようですが、やはり夜間走行も危険が一杯だと再認識しました。

確かに夜が明ける前や直後くらいの通行車両が少ない時間帯は無謀運転の自動車(オートバイ?)が多いです。

悪いのは明らかに向こうですが、かといって事故って怪我したり死んだりするのはこっちなので、身を守るために自衛策を講じるしかありません。

明るいライトと交通量の少なさに安心していた自分でしたが、改めて気を引き締め、走行時間や方法を練り直したいと思いました。

さし当たって、今週はお盆休みですが、多分自転車に乗らないです。

ヤバイよ、ヤバイよ~

今週末も大変な暑さになりそうですね、全国的に。

日本でも有数の暑さを誇る群馬・埼玉・山梨に囲まれたエリアを走る訳ですから、自転車活動も命がけになりそうです。

先日も午前中だけ日向を走ったり、プールに浸かっていただけで軽い熱中症みたいな症状が出ました。

明日・明後日も自転車には乗れそうですが、早朝だけにしておいた方が良さそうです。

昼過ぎまで時間的には走れそうですが、これは自主規制ですね。

週末にロングツーリング、レースなどで炎天下を走る予定の方、熱中症には注意して下さいね。

30分おきくらいに日陰に入って、頭を冷やしたほうが良いですよ。

そうでなくても血液ドロドロのオヤジはヤバイんですから。


私も昼間はエアコンの効いた部屋で大人しく過ごそうと思います。

イクメンの矜持?

本当にどうでもいい話ですが、私“イクメン”になりたいと思ってます。

もうすでにイケメンですがw

まあイクメンの定義がハッキリしなかったり、その呼び名がダサいとか色々ご意見はあるでしょうが、せめて子供に可愛げのある小学生位までは、子供と二人きりで家に置かれても困らないくらいの父親でいたいと思ってます。

そして今まさに子育て真っ最中の自転車乗りが、我がチームにも何人かおります。
予備軍も含めると結構な数かな?

皆さんマメですし、奥様の理解も得られて、個々にいい距離感を保ちながら自転車と付き合っているようですので、今更私ごときが申し上げることではないのですが、これからの方にはもしかしたら参考になる可能性もあるのかな?ということで、私が気をつけていることを書きます。


子供が生まれてすぐの頃、乳離れして動き回る1歳過ぎ位までは、家庭の中に自転車を持ち込むのは極力止めましょう。

男の感覚からすれば、奥さんや子供が寝ている早朝や夜間にローラー漕いだり、睡眠時間を削って朝錬に行くくらいは・・・とか、土日のうちどちらか半日くらいは・・・とか考えがちで、傍目にも正当性があるように思われます。

しかし実際24時間365日赤ん坊に付き合わされて生活せざるを得ない奥さんには通用しません。
逆に「そんな時間があるなら、少しはミルクあげたり、寝かしつけたり、手伝ってよ!」という風になります。
100%とは言いませんが、口に出さない奥様も心で思っている人は多いはずです。

いくら自分では「毎晩風呂に入れてるし」とか「休みも他の時間はオムツ替えやミルクやり一生懸命やってるし」と思っても、です。

奥さんから見るとそのくらいはやって当然、むしろ良いとこ取りで、全然育児の真髄を理解してない、くらい思われているかもしれません。

ある日突然爆発されてから、その関係修復に費やす労力と時間を考えたら、1年間は自転車を封印するくらいの覚悟を持った方が効率的とすら思えます。

マジです。


2歳になると「魔の2歳児」なんて言われて、色んな意味で手がかかるようになります。

奥さんも怒りっぽくなる人が増えて、自転車がらみのお願い事なんて言おうもんなら、1週間くらい口をきいてくれない可能性もあります。

ですから、ご機嫌が良い時でも最低限のお願いに精査を重ね、そこまで卑屈にならないでも・・・と、ちょっと同情を買うくらいの願い事にしてから口に出しましょう。

それを続けると、もしかしたら可愛そうに思った奥さんの方から「たまには1日自転車乗ってきたら?」なんて言われる日が来るかもしれません。

でも、これを真に受けて夜明け前から夕暮れまで走り回っては、それまでの努力が水泡に帰す可能性もありますので、慎重に・・・「じゃあ、とりあえず9時くらいまで走って、帰ってきてから風呂掃除するね」程度で我慢しましょう。

時間を申し出より削ってなおかつ、家事・育児の手伝いを申し出るのです。

そうすると不思議と次回からそれがスタンダードになっていきます。

「休みの日は午前中で帰ってきて、家のことをやる」と。

今は自由に走れる人から見れば「走れないだけじゃなく、家の用事までやらなければいけない」と不満だらけかもしれませんが、1年間ロクに走れない時期を経た今では、格段の進歩です。


この辛く厳しい2年間を過ごせば、あとは段々子供も手がかからなくなってくるし、奥さんにも精神的な余裕が出てきますので、本当に1日中走ったり、毎朝、朝錬に出かけたりも可能になってくると思います。


しかし、やっぱりそこでも調子に乗っちゃいけません。

奥さんに少しでも好印象を与える努力は惜しんじゃいけません。

たとえば、申告時間より30分~1時間早く帰ってくるとか。

これが何故有効か?

別に奥さんは30分早く帰ってくることで「少しでも(遊びを)短くして家のことを考えてくれてるんだな」なんて思ってはくれません。

ただ、途中でパンクして予定時間をオーバーしたり、帰ってからも自転車の片付けや着替えでモタモタしていると「制限時間を設定しても結局、次の予定が立たない」とは思ってしまいます。

好印象を残すのは難しくても悪印象を植え付けるのは簡単なんです。
別に悪気があろうと無かろうと、正当な理由があろうと無かろうと、そんなものは関係ありません。
理屈じゃなく、人間の感情なんてそんなもんです。

だから自分と自転車の将来を守るために今の30分を使いましょう。



こうやって書くと結婚や子育てが憂鬱になる人もいるかもしれませんが、実際の状況は全く逆です。

こういう相手の心理を慮り、長期的視野に立って行動するということは夫婦の関係だけでなく、子供との関係にも役立ちますし、常に良好な関係を保つことによって、何か問題が起こっても関係の修復が容易になります。

イクメンから人間関係まで、大分話が飛んだ印象を持たれるかもしれませんが、要はイクメンの先にあるものが何か?と考える事が重要なんじゃないか?と思うわけです。

湿気

昨日も何とか朝方走れました。

4時半に家を出て、予告どおり名栗~山伏峠~正丸峠~刈場坂峠~高篠峠ルートで。

前半は、かなりのんびりと走り、7時頃に山伏アタックしてました。

前回の刈場坂アタックでは脱水でヘロヘロだったので、その教訓を生かして、十分な水分の補給に努めましたよ。

お陰でボトルの水が無くなる様な事態にはならずに済みましたが、いつ上っても林道苅場坂線は地味にキツいです。

距離も斜度もそこそこあって、景色の変化も乏しい上、誰にも会わない確立が非常に高いので、退屈なんだと思います。
良く言えば静かで集中しやすい環境ですが。


刈場坂峠に到着すると、前回助けてもらった移動販売車の姿は無く、代わりに大勢のハム愛好家達が店を広げてしゃべってました。
別にアマチュア無線に恨みがある訳じゃありませんが、自転車乗りには全く役立ちませんので、移動販売車のスペース位空けておいて欲しいものです。

そんなことで刈場坂峠をスルーし、一気に都幾川まで下って「とうふ工房わたなべ」で大休止。

ここのお店のとうふ、私は態々買いに来るほど特別に美味いと思ってませんが、水やトイレ、休憩スペースのサービスが嬉しいので、こちら方面に来ると結構な確立で寄ってます。

昨日は“おから”の無料配布があったので、有難く頂戴しました。

豆の種類によって3種類ほどあるようです、おから。

最近、しろくまパンで購入したサコッシュを気に入って常備しているので、非常にラッキーなタイミングでした。

ただ、サコッシュを襷がけにした時点でトレーニングモードは終了ですので、のんびり物見山を経由して帰りました。

予定の12時より1時間も早い11時の帰宅でしたが昨日は非常に蒸し暑く、後半はかなりバテ気味でしたので、丁度良かったように思います。

予告

今朝は3時半に起きて、4時にスタート!

でも、外が暗すぎて、コンビニで明るくなるまで時間つぶし・・・

結局4時半ぐらいから物見山方面に向かいましたが、これなら4時起きでも変わらないですね~。

7時帰宅がマストでしたので、物見山小周回を2周して帰宅しました。

まあ2時間半ほど走れましたので、良しとしますかね。

明日は12時近くまで走れる予定なので4時半に出発して「飯能~名栗~山伏峠~正丸峠~刈場坂峠~高篠峠~都幾川~物見山」って感じのルートで行ってみようかと思ってます。
気が向けば丸山林道経由とかもあるかな?

なんて言ってて奥多摩湖に居たりしてw

こんな感じで気ままに走っていますわ。
GO TOP