チューナー比較

先日、エグザリットのシューがお亡くなりになりました。

確か去年の暮れに交換して、途中使用しない期間もありましたが、3,000㎞弱くらいは使えたでしょうか?

何度かTACXのブレーキシューチューナー
TACXシューチューナー

でトーイン調整をしたので、フロント(前)側が異常に薄くなってました。

鳴きという意味ではトーインが良いですが、寿命という意味で考えると必ずしもトーインが良いとは思えませんね。
その辺考えてフロント側を厚くするとか、何か考えないんでしょうか?メーカーは。

とはいえ、前後の減りが均一じゃないのはいつもの事で、それほど気になりませんが、もう一つ気になったのが、上下の減りの差。

どうやらブレーキシューがリムのブレーキ面に平行に当たってないようです…




…そんな馬鹿な!いつもブレーキシューチューナーで調整してるのに!!

そこで私は考え、ある仮説にたどり着きました。

それはブレーキシューチューナーではリム当たり面の水平を出せないんじゃないか?という事です。

下手な図で書くと
比較図

こんな感じ。

要は左右のプレートが繋がっていて、トングか火ばさみのようにブレーキ面を半円を描きながら摘まむように固定されるという構造的欠陥じゃないか?と。

もちろん、丁度いい幅のリムならこんなことは無いのでしょうが、最近流行の幅広リムや逆に軽量化を狙った狭いアルミリムにはフィットしないのでは…というか、少なくともエグザリットリムには相性が良くないのでは?

ちなみにもう一つ持ってるJAGWIREのブレーキ“パッド”チューナー
JAGWIREチューナー
は、こんなことにはなりません。

正直、調整の手間としてはTACXの圧勝ですが、ブレーキ面の繊細な調整を考えるとJAGWIRE一択になっちゃいますね。
だって、トーイン付けて、さらにキャンバー角もネガキャン?になっちゃうと、接地面積は4分の1くらいになっちゃいます(実際は変形するので、そこまで酷くありませんが)。


まあ、実際はブレーキアーチの動きとパッドの当たり方も水平移動ではないので、そこまで神経質になる問題じゃ無いのかもしれませんが、「そうなる」と分かっている物を使う気にはなりません。

エグザリットになって、シューの最後まで使い切るようなシビア(貧乏くさい?)な使い方をして初めて気づいた問題でした。
スポンサーサイト

すいません

最近、記事のコメント欄に大量のスパムメールを送られて収拾がつかなくなってきたので、過去分も含めて一時的にコメント欄を閉鎖します。

コメントいただいた皆さんには申し訳ありませんが、ご容赦ください。

対策が打てれば再開したいと思います。



7/29追記
当面入力の際に認証画面を表示するようにします。
個人的には面倒くさくて嫌いなのですが…

肩透かし

今朝も名栗に行ってきました。

天気予報では、10時頃から雨だって言ってたんで、5時から5時間の予定で。

天気予報の関係か、道中に見かける自転車乗りもいつもより少なめな気がします。

コース自体は仁田山峠+αって感じで何も目新しさは無く、途中でドラマチックな展開にもならすに帰って来ました。


ただ、仁田山峠のピークで空を見上げた時、今にも降り出しそうな気配だったのに結局夕方まで降ることがなかったのには、ガッカリしましたが。

結局、予定より1時間近く早い9時過ぎに到着で自転車活動は終了です。

最近、帰りがけにパン屋に寄る事と産直の枝豆を買って帰るのがマイブームでして、今朝も道中にある畑の脇の直売所で枝豆を買って帰りましたが、スーパーなんかで買うのと違って、丁寧に選別されているので外れが無く、安くて量も多いし、味も私が買う所のは味が濃くて美味しい気がします。


この夏は、晩酌のお供に枝豆が登場する頻度も増えそうです。

売切れ前に買い物が出来るという点では、午前中縛りも悪くないですw

びょーき

最近少しずつ、日の出が遅く、日の入が早くなってきましたね。

特に朝練をやっているとそれを顕著に感じるんですね。


私の場合、早起きが自転車活動の生命線なので、特に日の出が遅くなるのは文字通り命にかかわります。

朝の4時頃から走り出す時は、辺りは真っ暗。
それゆえ、明るいライトは必須のアイテムです。

今はLight&Motionというメーカーの800とか1400ルーメンのモノを付けていますので、明るさという点では申し分ないのですが、当然それなりの明るさと照射時間を得ようとすれば、デカく重くなってしまうのも道理です。

実際、1回あたりの点灯時間はせいぜい1時間程度で、そのうちの半分は薄明りの中ですから、1400ルーメンの恩恵を感じる時間も殆ど無く、その見た目の仰々しさを我慢している時間の方が確実に長い訳です。


もう少し軽い(ライト)なライトは無いもんかな?

とネットを探してみると…

Deca

ありましたよ、丁度良いのが。


重量はそれなりに有りますが、見た目スッキリ、800ルーメン1.5時間と今の私の希望にピッタリ。

価格に至ってはL&Mの3分の1ですから、コスパも上々と言えるでしょう。

日の入後の夕闇を走ることは一切なく、徐々に明るくなる時間帯のみを走る私のような人間にはピッタリのライトじゃないかと。

8月半ばには納品予定とのことですが、さてどうなることやら…

越生3時間1本勝負

今朝はまた7時に帰宅しなくてはならないので、3時半起き4時スタートで滝の入線です。

我ながらワンパターンだとは思いますが、未知なる道を開拓する気概と言うか、興味と言うか、そういったものが備わってないお陰で、全く気になりませんw

途中、コンビニで軽めの補給をして6時前に滝の入線に入ります・・・と、左手に見える毛呂山オートキャンプ場が満室です。
自然を満喫しに来て寿司詰めってのもどうなんだ?なんて思わなくも無いですが、まあ人事ですから気にせず進みます。

脚も心臓も全く回りませんが、無事桂木線との分岐に到着。

このまま桂木線を下れば先週と同じコースですが、先週はパン屋に寄った分時間に余裕が無かった訳で、今朝はその必要が無いので越生の梅林方面に下ります。


ただし、先週と大きく違ったのが風。

決して強くないのですが、向かい風になると確実にペースが落ちます。

実際、往路からアベレージが低いのは感じていましたが、風の影響だと気付いたのは復路に入ってから。

結局最後までペースが上がらないまま7時過ぎに帰宅しました。


横松

本日は若干の余裕があったので都幾川まで。

昨晩の帰宅が遅かったので、ちょっと遅めの5時スタートです。

10時頃には帰宅したかったので、5時間弱で余裕を持って往復できる場所と言うと、いつもの山伏峠か都幾川方面くらいでしたので、たまには都幾川を目指したと言うわけです。

外に出るとすでに空は明るく、天気も薄曇で、非常に条件が良さそうでしたので、良い気分で進みます。

途中でコンビニに寄ったり、何だかんだあっても2時間足らずで明覚に到着、かなり久しぶりに横松へ入りました。

淡々と回して一定ペースで進もうと心に決めていましたが、温泉裏の坂からずっと心拍は160拍張り付き・・・結局西平へ下り出すまで150オーバーキープでしたわorz

まだ時間に余裕があったので、寄り道も頭を過ぎりましたが、大人しく折り返して物見山周回で時間調節して帰りました。

鳩山の西友で途中休憩しましたが、その間、前の道をロードバイクが通過することは一度も無く。

24時間営業でベンチまであり、非常に良いと思うんですけどね。

私はこれからチョクチョク利用させていただこうかと思いましたよ。

虫取りはコンビニに限る

本日も3時半起きで4時前にスタートです。

真っ暗な中でライトを頼りに進みますが、猫も私に気付かず、すれ違いざまに「ビックーッ!」

猫って夜行性なんですよね?あんな緊張感無くて大丈夫なんかな?・・・余計なお世話ですがw


今朝は6時半帰宅必須で、その後に予定も詰まってたので、物見山を目指すことにします。

途中の補給で立ち寄った塚越のファミマで遭遇したのは・・・

カブトムシ

カブトムシでした。

普通に店の前でひっくり返ってましたよ。

それから気付いたのですが、昨日の毛呂山方面に向かう道中でも、今朝の道すがらでも、路上に沢山の虫の死骸が横たわってました。
その殆どがカブトムシなんですよね。

私の住んでるエリアは雑木林が豊富ですので、明かりに釣られて昆虫が飛んでくるんでしょう。
中でもカブトムシが豊富な塚越辺りはそれが目立つと・・・本当にあの辺は数十メートル毎にカブトムシの死骸が落ちてましたよ。

ということで、夏休みに子供に昆虫採集をねだられたオトーサンは、あのエリアのコンビニを回ることをオススメしますよw

かく言う私もその話を家でしたら、早速「明朝に連れて行け」と子供に言われましたよ。

せっかく連休の最終日くらいは長めに走りたいと思ったのに、自転車無しになっちゃいましたorz

こんなことなら今朝のカブトムシ君を家に招待すれば良かった、と・・・

早起き

今朝は3時半に起床して、4時スタート。

まだ辺りは暗いですね。(しかし、3時台に起きるなんて脳みそがハムストリングで出来てるY先輩やMかだま氏みたいになってきたな・・・ちょっとヤダw)

本日は7時にパンプキンでパンを買って帰るというミッションを負っていたため、3時間で往復できる滝の入り線に向かいます。

しかも越生に下りると時間的に厳しいので、場合によっては桂木線での復路となります。

当然、行きは誰にも出会いません。

ローディーなんて皆無です。

途中でお腹に何か入れておかないと3時間は持たないな、と判断して、明るくなるまでファミマでアンパン補給。


時間にしておよそ10分程度でしたが、これが後から効いてきます。


ノンストップで滝の入線を上りましたが、やっぱり時間切れで、桂木線経由の帰宅となりました。

途中でテンなどと遭遇したり、5,6年ぶりのきーじぇいさんと遭遇したり・・・やっぱりタマレンジャージと蛍光色ヘルメットは判り易いようですw


川越市街で同じ方向へ向かうローディーと一緒になりました。
私の方が追いついたので、明らかにこちらのペースが速いのですが、信号待ちなどで無言で被せてきます・・・挙句に信号の変わりっぱなでダッシュしてみたり、信号無視をしてみたりと非常に朝から不愉快な気分にさせてくれます。

相手にするのもバカらしいので、そのまま行かせましたが、オリジナルVer.のジャージ着てると結構嫌な思いをすることが多い気がするんだよな~。
被害妄想なのかもしれませんけど・・・チームの誰か、恨み買うような走りしてないですよね?

いい大人なんだから、大丈夫だよね?w


その後は7時丁度にパン屋に着いてミッションコンプリート、無事帰宅しました。


XTR化?

記事が前後しますが、一昨日の土曜日は早朝だけ走って、午後は自転車屋さんにオーバーホールをお願いに行きました。

マングローブバイクスさんというお店で、実に5年ぶりの訪問です。

とりあえず仮組したKOMを前に現状のチェックと交換部品の検討を重ねます。

どうやら次のコンポはXTRになるようです。











いや、チェーンがXTRになります。

現状、最新の10Sチェーンであり、私の使用クランクがフルクラム製でもあるので、純正外ですが採用です。

ワイヤー類もシマノ9000系とジャグワイヤーのチャンポンで、カンパ純正は全く使用しません。

その他の交換部品(タイヤやバーテープなど)は家に転がっていたモノを持ち込んでお願いしちゃいました。

この辺のハードルの低さもこちらのお店の魅力なんですが、基本的に私が顔を出す(と言っても数年に1度ですが)店の共通点です。

「パーツは全部うちで買ってもらわなきゃ」とか「通販の持ち込みは困るんだよね~」という気持ちも分からなくはないですが、それ言われちゃうと、私のバイクは全滅ですから。


で、自分が弄る時は純正品もしくは私が自らセレクトした物しか採用しませんが、プロの提案はアッサリ受け入れます。
自分の腕前と知識では扱える製品は限られますから、ある意味純正品は保険です。
カンパは特に値段が割高で、一々懐に響きますが、それでも安心感がありますし、上手くいかなかった時の切り分けとして「社外品だからダメ」というネガは真っ先に消えますので。

その点、腕も知識も確かなプロが言う事を覆すような面の皮も持ち合わせておりませんので、このブログで書かれているような威勢の良い発言を自転車屋で聞くことは恐らくありませんw


そんな訳で1年半ぶりに甦るKOMのパリッとした乗り味を今から楽しみにしております。

偽善

昨日は良い天気、というより暑すぎてタマラン天気でしたね。

前日から暑くなるのを見越していたので、早目の就寝&朝3時台に起床、4時過ぎには家を出る作戦で走り出しました。

まだ薄暗い中を走り出すのは久しぶりの感覚ですが、これはこれで悪くないもんです。

出来れば気温が上がり、日差しも強くなる昼時を避けたかったので、予定は10時帰宅に設定しました。


持ち時間6時間足らずの中で朝食・休憩・坂道を盛り込むと100㎞前後が良いところのようですので、目的地は名栗か奥多摩か…結局、土地勘があってトラブルの際にも対応しやすい名栗・山伏峠に決めました。

ただ行って帰ってくるだけなら5時間でもおつりが来るのですが、真夏は休憩と冷却を頻繁にしないと後で大変なことになるので、1時間ごとに10分程度は休みます。
そうなるとこれからの季節は殆ど名栗か松郷辺りに出没することになりそうですね。


さて、途中仁田山峠なんかを入れつつ、目的地の山伏峠に到着したのが、午前7時過ぎ頃…この時点では下り基調の帰路は余裕で間に合うハズでしたので、てっぺんから少し下った林道入り口で休憩して、補給を取りました。

どら焼きを食べていると、足元にアンパンのビニール袋が転がっているのに気づきました。

こんなところでアンパンなんて食べるのは自転車乗りかハイカーくらいのもんでしょうね。
バイク乗りも目の前をビュンビュン通過していきますが、連中は態々停車してパンを食べるなんてしないでしょうから。

「わざと捨てた」と考えるのは良い気分じゃないので、「うっかりポケットから落ちてしまった」という前提で、私が代わりに回収しましょう。



その時考えたのですが、こういうあまり余所者が立ち入らなかった場所に急に人が来だすと、まず問題になるのがゴミとトイレ問題。

それで過去に肩身の狭い思いをした登山者やハイカーはゴミを持ち帰る運動を推進したりしています。

彼らは山に居る時間が長いので、当然飲食や排泄もする訳で、かなり早い時期からそれらの問題点を認識し、対策していました。

昨今ブームになっているオートバイや自転車、マラソンに関して見てみるとマラソンは、ウルトラを除くと殆どレースも練習も都市部を走るので、基本的に山間部でのトラブルとは無縁、オートバイは騒音や事故のトラブルは無視できない(早朝の静寂を切り裂く改造バイクの騒音は何とかならないモノか…住民の生活を脅かすレベルですよ)ですが、ことゴミ・トイレ問題に関しては、通過するだけで、その場に立ち止まることがないので、近隣に迷惑をかけたりマナー違反を問われることはないと思われます。

翻って我が趣味でもあるロードバイクを考えると…人気のない林道に態々立ち入って、ごみと排泄物の元である補給食や水分を大量に持ち込み…状況証拠だけで有罪になりそうな勢いですw


こりゃ~拙いでしょう。

と考えた私は今後ゴミの持ち帰りを実践することにします。

自分が持ち込んだ物は当たり前ですが、ほぼ必ず落ちている林道のゴミを最低でも1個、拾って帰ります。

当然、汚れやサイズもバラバラなので、ビニール袋を持参して、ハンドルに括り付けることも想定せねばなりません。

これまでコンビニ補給する際は、ゴミを極力出さないようにとレジ袋は受け取りませんでしたが、林道でゴミを回収するのであれば貰った方が良いのでしょう。

1個のゴミを出さないか、複数のゴミを処分する為の止むを得ないゴミと考えるか、なかなか考えは纏まりませんが、とりあえずやってみることにしましょう。


という訳で、バックポケットに入れたアンパンの袋が重かったからではないでしょうが、時間ギリギリの9時55分頃帰宅して、昨日の自転車活動は終了。

その後も中々汗が引かず、喉が渇いて、改めて真夏の走行のダメージの大きさを思い知りましたよ。
GO TOP