雨天結構

毎晩のツール・ド・フランスの中継と朝練で寝不足な自転車乗りも多いと思われる今日この頃ですが、私も同じくチョー寝不足な1週間を過ごしてます。

レース中継が2時前に終わり、興奮冷めやらぬまま布団に入ると、ウトッとし始めた頃には起床時間です。

今朝は流石に連日2時間の睡眠ではイカンだろう・・・ということで、朝練無し・・・その代わり昨夜はローラー漕ぎながらのツール観戦と相成りました。

PCを立ち上げると既に新城が逃げていました。
こんなに早くからの逃げが決まることなど無いだろうと踏んだ私は、そのままローラーを漕ぎ始め、新城の逃げが吸収された頃に漕ぎ終わって風呂に入る算段をしていました。

ところが・・・1時間経っても、2時間経っても逃げ続け、とうとう200km近くを逃げてしまいました。

私はというと、途中で観戦を止める訳にもいかず、かと言って2時間以上もローラーを漕ぐことも出来ず、ローラーを下りて観戦を続けるしかありませんでした。

案の定、身体は冷え切り、風邪を引いたうえ、睡眠不足も解消されませんでした。

今夜こそ睡眠を確保しなければならない私ですので、今はツールも観ず、明日の朝も雨で走行不可なのを幸いにしっかり休もうと思っています。

まだ2週間こんな日々が続くと思うと、嬉しいやら、苦しいやら・・・幸い、これからしばらくは山岳と平地のレースが続き、新城が狙えるようなコース設定でもないので、ある意味安心して観られるとは思いますがw

雨天走行

本当にこの時期の天気予報はあてになりません。

昨日の日曜日、天気予報では曇りで雨の予報は無かった(@関東地方)ため、沢山のローディーが走りに行ったことと思います。

私もその一人で、久しぶりに奥多摩方面を走行すべく朝4時半に家を出ました。

雨雲レーダーやら何やら、確認できるものは全て確認してからのスタートです。

狭山市までは順調に走行して、入間市に入ったくらいから、文字通り「雲行きが怪しく」なってきました。

路面の所々が濡れていて、場所によっては泥はねするほど“今降った”感が強くなってきます。

案の定、しまいには雨雲の中に突入してしまいました。


コンビニの軒先で雨をやり過ごし、弱まったタイミングで走り、強まったら雨宿りを繰り返しましたが、どうも山方面に行く程天気は悪化している気配が漂います。

仕方ないので、同じ山方面でも奥武蔵方面なら?と考え、名栗に目的地を変更して進みましたが、こちらも雨は変わらず…

スッカリびしょ濡れで気力も萎えてしまい、飯能から下り方面に再度進路変更しました。


ところが、飯能駅を過ぎた辺りから路面が渇きだし、豊水橋の先からは全く降った形跡がありませんでした。

お蔭で少しだけ気力を取戻し、吉見~荒川CRを走行して昼前に帰宅しました。

吉見へ向かう途中で、一瞬グリーンライン方面のことも頭に浮かびましたが、やっぱり悪天候だったようで、失敗を繰り返さなかったのは良かったです。


唯一の収穫は、エグザリットがヘビーウェットでも制動力やブレーキタッチの変化が少なく、怖い思いをすることが無いと判ったことです。


ただ、走行後の掃除が大変なのは、どのホイールでも変わりませんけど…
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。