連休前半

ゴールデンウィーク前半が終了しました。

私にとってはゴールドどころか連休ですらなかったんですけど…


それでも土曜日と月曜日は早朝に走れました。

特に月曜日は久しぶりで物見山周回出来ました。


6時前から周回してるのは私だけのようで、7時ごろ離脱する際に初めて他の人とすれ違いました。

榛名に向けてベースアップをしたいところですが、時すでに遅しというか、それ以前の問題というか、たった2周回でヘロヘロです。

もう、榛名山は物見遊山で行くことにします。


連休後半はちゃんと休めそうですので、1日ぐらいはロング(せめて100㎞オーバー)を走りたいですね。

それから、自転車のメンテナンスをする時間も取れないので、自転車屋さんにオーバーホールを依頼したいです。

立川は遠いのと、完成した自転車を取りに行く時間を捻出する方が難しそうで、相変らずグズグズ悩んでいますが。


近くて、暇で、腕の良い自転車屋さんは居ませんかね~、もう1年近く探してますが、現れませんw
スポンサーサイト

妻有ゲットだぜ!

昨晩…今朝?ツールド妻有の申し込みが無事完了しました。

宿の手配もチームのしんすけさんにお願いしてあって「これで抽選外れたらどうしよう?」的な心境でしたが、全くの杞憂に終わりました。

今日現在(24日正午)でも100人以上の余裕があるみたいです。


やっぱり芸術祭開催年とは勢いが違うみたいですね。


ただ、申し込み開始時間の問題も関係あったと思うので、これからもユルユル伸びて、そのうち満員になるのでしょう。


それと、新潟の山奥(失礼)で、夏休みイベントということもあり、グランフォンド愛好家にとってもハードルは高いのかもしれませんね。



私はこれで今年参加予定のイベントのうち2つを確保できましたので、一安心です。






あとは赤城山ヒルクライムを残すのみとなりましたが、こればっかりは…

もう飛行機の変更が厳しそうで、どうしたものか?

1時に起きて、無線LAN使えるところまで出かけてやるか、wifiルータ持って行くか、ノートPC持ち込むか…

深夜一人で出歩くのは、治安の関係上したくない。
重いPCを壊されるリスクを負ってまで持って行きたくない。


となるとwifiルータですが、向こうでレンタルしても2,000円はかかるみたい。


ちょっと前までノートPCを出張に持って行くのは当たり前みたいに考えていたのに、人間、楽を覚えちゃうと後戻りできませんw

ま、今回はお遊びなんで、余計に嫌なんですが。

まだ時間はあるので、もう少し考えます。

がっかり

明日はいよいよツールド妻有のエントリーが開始されます。

毎年結構早い段階で一杯になってしまうので、ボヤボヤしてられません。

時間を確認して…




…何ですと!

0時って…良い子は寝てますやん!!



全く油断も隙もありゃしません。

某ヒルクラが応募殺到で平日夜へ変更したのに倣ったか?

しかし、極端すぎますねぇ。


そこで嫌な予感がしたので、今年の集大成イベントとなる予定の赤城山ヒルクライムのホームページを見てみると…


5月24日(金)20:00~


おーい!その日は日本に居ないジャマイカ!!

一瞬で埋まるのにどうしろってんだよ~?



あ、ネットだったら場所は関係ないのか!

ホッ…


時差を考えると…1:00


1:00?

1:00!

夜中の1:00?!



冗談じゃーなぁーいわよぅ!


本気で旅行日程変更を考えてますorz

IDバンド

IDバンド

アスレチカというメーカーのIDバンドという製品です。

先月の自転車雑誌に結構掲載されていたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

一時流行ったリブストロング・バンドみたいなシリコン製バンドに金属プレートを嵌めて、そこにシールを張っただけのアイデア商品です。

でも、そのアイデアを実現するには強力な粘着力のラベルシールが必要なので、今を待たないと実現できなかったのでしょう。


正直、個々のパーツを見ると高く感じなくもないですが、自分で作るほど器用でもないので、今回購入しました。


以前、軍隊のIDタグみたいな発想の、ステンレスプレートに名前や連絡先を彫り込んだタグを作ってサドルバッグにぶら下げてたんですが、そもそも取り付け場所が気付きにくいうえ、前の奥さんの携帯番号が書いてあって、万一喋れないような状態でその番号に連絡などされたらややこしいので、外してしまっていました。

今度は手首に装着するため分かり易く、シール式で電話番号が変わっても張り替え簡単ですw


もちろん、出番が無いに越したことはありませんが、イザという時に伝わっていた方が安心な情報というのは間違いなくありますので、保険やヘルメットなんかと同じく、安全装備に含めていいんじゃないかと考えます。

ちなみに子供用のバンドもありますので、小さいお子さんの迷子対策にも有効です。
うちも子供用に同じものを一つ作りました。



私もあと20年くらいしたら、迷子対策で家族に着けられるかもしれませんw

構造的問題

今日はとても寒かったですが、何とか朝に走ってくることができました。

この寒さでも関係なく、相変わらず花粉を感じますので、今朝も完全防備で出かけました。

この冬からその機能性から採用しているLAZERのヘルメットとマグネット式サングラスで出撃しました。

が、何か違和感・・・マ、マグネットが取れてます!

LAZERサングラス

これは補修後の画像ですが、右側のマグネットが取れて、左側のマグネットにピッタリ張り付いていました。

どうやら余りに強烈な磁力ゆえ、フレーム側の接着剤が耐えられなかったようです。
とりあえず隣の同じく強力な磁力に引っ張られたお陰で、紛失は免れました。

直ぐに強力な接着剤で貼り直しましたが、更なるハプニングが・・・。

今度はその剥がれた磁石を隣の磁石から引き離す際、左側の磁石まで取れちゃいましたorz


せっかく良いサングラスが手に入ったと思ったのですが、ちょっと欠陥品臭がしますね。

単に接着が甘かっただけなのか、構造的な欠陥なのか?

私的には後者のような気がしますねぇ。

本来なら、これだけ強力な磁石ですから単なる接着ではなく、ネジ留めにするとか、サンドイッチ構造にするとか、固定力を上げる工夫が必要そうです。


実際、休憩中にもツルがないため安定感が無く、何処かに留めて置くことも出来ず、持て余しますし、使用感はピカイチですが、製品としての完成度はいま一つ・・・レース機材としては問題ないですけどね・・・素人には荷が重いというか、用途が限定される製品です。



古風

KOOFU

OGKのKOOFUブランド第1弾WG-1がようやく店頭に並び出しましたね。

これ見た目以上に軽いですよ。
多分、REDIMOSと同等か、少し軽いくらいです。

フィット感もほぼ同じ印象。

「だったらREDIMOSで良いじゃん!」

そんなことはありません。
だってOGKがトヨタなら、KOOFUはレクサスなんですから!!

「OGKの開発者ってレクサス乗ったことあんの?」とか、野暮は言っちゃあいけません。

売値はREDIMOSと一緒、定価はREDIMOSより安い…

今は白と黒だけが出回ってるようです。
この辺の売り出し方、生産能力もREDIMOS譲り…orz


本当に何でブランド変えたんでしょう?
手法が古臭いし、デザインまで古臭く見えてきましたよ。

あ、だからコーフー(古風)なんだ!


古風な我が家には似合ってますw

チューブラーの乗り心地

この土日は久々に良い天気でしたね。

もっとも午後の強風では皆さん苦労されたみたいですが。

私はいつもの午前中限定出撃ですので、風の影響はありませんでした。

土曜日は朝6時半スタートで飯能へ向かい、途中武蔵台団地を抜けて日高側に下り、妻の実家に立ち寄りました。

冬の間は横風の影響を考えて、重くて表面積の小さいRNC7に乗っていましたが、そろそろカーボンのAEROADに乗り換えようと思っての訪問です。

普通ならサッとバイクを入れ替えて終わりですが、今回はホイールの交換も同時にしなくてはいけなかったので、作業にかかりました。

ところが、スプロケット回しがどこにも見当たらない。

本当はカーボンホイールに付いているカセットをアルミのホイールに移設したかったのですが、叶わず、諦めてそのまま走り出しました。

予定外のカーボンチューブラーでしたが、先ほどまでアルミクリンチャーに乗っていたので、その違いがよく分かりました。

慣れてしまうと「どちらも一緒」みたいな評価を下してしまう鈍感な私でも、路面のざらつきをチューブラーの方が感じさせないのは分かります。

クリンチャーもしなやかなラテックスチューブとベロフレックスでしたし、チューブラーはブチルチューブ採用のコンチ4000ですので、タイヤの素材による緩衝効果はむしろクリンチャーの方が上じゃないかと思われます。

ということは、タイヤそのものの構造の違いか、カーボンリムという素材の成せる技か?ということでしょうね。

「ゴゥン、ゴゥン…」という反響音以外は快適なバイクで川越経由で帰宅しました。

最近、土曜日恒例のパン購入は、川越の「ル・ソレイユ」さんでした。

川越といえば私の場合「とーくん」ですが、いつも開店前に通過して気になっていた「ル・ソレイユ」の開店時間に通れましたので、初めて買ってみました。

ハード系のパン中心で、年寄りには少々顎が疲れますがw、美味しいパンでした。

個人経営のパン屋さんが近所に増えて来て、いろんなバリエーションのパンを楽しめるのは嬉しい限りです。

他にも気になって、前を通過するだけの店が多々ありますので、また開拓していきたいと思います。

匠の技

ようやく腕時計の修理&オーバーホールが終わりました。

これで仮の時計とはオサラバ出来ます。

機械式の時計は手間がかかりますが、やっぱり電池式には無い良さがありますね。

私は特にクロノグラフ好きなのでさらに面倒ですが、この気持ち、一眼レフとか車弄りが好きな方なら理解してもらえると思います。

というか、カメラや車趣味の方はクロノグラフ率が高いと思いますが。

これ、自転車弄りにも通じますね。


今回はその道の「匠」に依頼をして、満足のいく結果を得られた訳ですが、自転車も同じなのかな?と感じました。


今までは自転車の構造が単純なこともあって、自分自身の手でメンテナンスやオーバーホールをしてきましたが、やっぱりお金を払って「匠」に依頼すれば、自己満足では得られないくらいの満足を得られるのかもしれない、と。

実際、オーバーホール費用の相場はクロノグラフより安いですし、「試してみようか?」という気分がムクムクと湧いてきます。



問題は、店探しと、その手間だけです。

立川に一軒、目星を付けた店はあるのですが、ちょっと遠いし、順番待ちが…


もう少し近くに腕の良い「匠」がいれば、すぐにでもお願いしたいのですが、なかなか「お願いしたい!」という人には出会えません。

これまた、時計やカメラと共通の悩みですねぇ。


間隙を縫って

この週末、土日の関東地方の天気は非常に読み辛かったですね。

土曜日は昼前から暴風とのことでしたので、頑張って早起きして多摩湖へGO!

とりあえず定番の多摩湖1周&ロコパンをこなして8時過ぎに帰宅しました。

途中、オビワンさんとスライドしたので、Uターンしてご挨拶しました。

オビワンさんは上下TAMA-RANGERウェアだったので、すぐ気づきましたが、私はというと…

市販の白ジャージとタイツにサングラス&マスクという出で立ち。


我ながら「月光仮面かよ!」という突っ込みを入れたくなるスタイルでしたので、オビワンさん良く気付いてくれた?と思います。

翌日曜日は朝から快晴でしたが、風が非常に強く、外走りを断念してローラーを1時間弱ほど。



その後買い物に付き合って、私もついでに誕生日プレゼントとして3DSと「ドラかず」を買いましたが、なかなか面白いですね、これ。

子供に取り上げられて、お父さん、まだ10分しか触ってないですw

お供として、iPadの他に3DSが加わり、充実したローラー生活が送れそうですw

A fool boy's papa

毎年の事ですが、新年度でバタバタしていて、気付くと一つ歳を取ってます。

そして同級生になってしまった漫画のキャラクターや早逝したアーティストや歴史上の人物などを思い浮かべては「嗚呼、俺ってば、まだまだだな」と落ち込むのも毎年の恒例行事です。

近年は“バカボンのパパ”が私の基準でしたが、とうとう彼も年下になってしまいました。

「いい歳をしてバカなことを…」と、唯一下に見ていた?キャラクターよりも年上になってしまい、まかり間違っても彼と同じ失態を演じることが出来ないプレッシャーが圧し掛かってきます。

まあ、彼と同じことを現実社会で出来たら、ある意味勝ち組ですけどw




で、遅ればせながら「自分へのご褒美」という言い訳を得て、物欲の赴くまま買い物をしようと通販サイトを徘徊しました。



が、「これだ!」ってものが無いんですよね~。

天気や花粉の影響で思うように乗れない状態が影響してると思うんですが、自転車系の物欲が全く湧かない。

ちょっと物欲スランプですw

GPSとか、ホイールとか、頻繁に買わない物を…とか思うのですが、結局シューズやヘルメット、サングラス等の小物を少々…折角、この間整理したのに、何やってんだか…二重にスランプです。



結局、昨日の雨風をヒントに通勤用長靴を買うことにしました。

今までもビジネスシューズで防水加工を謳っている物は履いたことがありますが、やっぱり見た目が安っぽいのと、どうしても足首のところや鳩目のところから水が侵入し易いのです。

それから、圧倒的にゴム底が多いので、ソールがすり減ってくると滑り捲って危なくてまともに歩けないなんて物も多かったです。

それらの不満を解消してくれそうな物がAIGLEで見つかりました。

結構イイ値段(でも自転車用シューズの半額w)ですが、以前釣り用に天然ゴムの長靴を使っていて、非常に快適だったので、過去の成功体験を信じて購入です。


これで毎年憂鬱な梅雨時が少しは快適になるかな?と期待してます。
GO TOP