コ・ダ・ワ・リ

皆さん結構いろいろあると思われますが、私にもあるのですよ、こだわり。

もうコダワリというより、コワバリとか、意固地とか呼んだ方が相応しいかもしれませんが。

理屈では無くなっちゃって、信仰みたいな物ですね。

例えば、ハンドルとステムはリッチーのアルミしか使わないとか、ホイールはストレートプルに限るとか、タイヤはコンチネンタルのGPシリーズとか。

だから、違う物を使っている人を見ると「なんて無駄な金を使ってるんだろう!」くらい思っちゃいますw

そこら辺はお互いの平和のために議論しない方が良さそうですww

一応、本人的には色々試して辿りついているので、満足してるんですが、その頑なさが時々足を引っ張ることもある訳です。


例えばTIMEのフレームを買おうか?と考えたとします。
上級モデルにはステムとハンドルも純正が付いてきますが、コレがリッチー信仰に引っかかる訳です。
リッチーが好きなら、すんなり交換すれば良いじゃん!と思いますが、その時に別のこだわり“同一メーカーで揃えられる時は揃えた方が美しい”とバッティングするのです。

結果は…TIMEは止めよう…となります。

MAVICのホイールが欲しいんです。
コンポを問わず使えて、グラフィックもカッコいいですからね。
でも去年からタイヤも売り出しました。

あれはイケナイ。コンチとぶつかってしまいます。

一昨年までなら買えたのに…orz


冗談みたいですが、マジですw

最近、どこのメーカーもあれこれジャンルを広げて、ヘルメット屋がアパレルやったり、フレーム屋がホイール出したりとどんどんトータルコーディネートされてます。

まかり間違って、スペシャライズドやトレックなんてメーカーのバイク買ったら、他のメーカーの物は一切買えなくなってしまいます。

そんなややこしい呪縛を解くカギは“プロが使ってる”もしくは“信じていた物に裏切られる”のどちらかしかありません。


ミーハーなんでしょうかね?

その割にはマイナーなメーカーの物もチマチマ集めていたりしますけど。
スポンサーサイト

山練

金曜日は仕事が休みだったので、また和束に行ってきました。

体重が落ちるまではあまり負荷の高い練習はしたくなかったのですが、このところ順調に減りつつあったので、軽めのギヤで上ってきました。

平日ということもあり自転車乗りは少なめ、前日までの雨の影響で浸み出しは多め…下りは特に水はねでビチョビチョになってしまいました。

どうしても下りで水たまりを見ると減速してしまうので、普段より時間も多めにかかってしまいます。

もちろん、グリップを心配しての減速ではなく、泥はねで自転車が汚れることを嫌うためですw


太陽が顔を出している時間帯は初夏の陽気で大変気持ちの良い気温でしたが、雲が出たり、下りでは体が冷えてしまいますので、まだまだベストは手放せません。


3時間ぐらいの快適な走行でしたが、これを週2回ぐらい続けられると今の私には理想的なんですがねぇ…なかなか思い通りにはいかないもんです。

今朝も“朝練再開!”と意気込んでいましたが、風邪気味の症状で断念してしまいました。


少し焦りますが、どうもゴールデンウィーク以来の風邪を引きずっているような気がするので、しっかり治して体重も仕切り直しすることにします。

リーチ?

ここ大阪に赴任して以来、年中無休でダイエッターを標榜している私ですが、どうしても越えられない壁があります。

それは65kgの壁…。

少し頑張れば65kg台までは行くのですが、どうしても向こう側には行けません。


理由は薄々気付いているのです。


67・66…ときて65kgの数字を見ると油断してしまうんですね。

間食をしてしまったり、ドカ食いしてしまったり、漕ぐのを休んでしまったり…

多分、ここでもうひと踏ん張りできればストンと64kg台に突入できると思うのですが、今までは踏ん張るためのモチベーションが保てませんでした。

そもそも私の身長ですと65kgでも十分健康体です。

自転車乗り的にはイマイチでも世間一般的にはギリギリ、スマートな部類にカテゴライズされると思います。


だから自転車乗り的に体重を軽くしなければならない動機(=レースやイベントへの出場)がないと難しいのです。


そして今朝、65kg台に乗りました。

今回は壁を越えられそうな気がしています。

それは6月にレースを控えているから。

今週に入って間食を一切していないから。

ブログに公表したから。


出来れば6月最後の日曜日は、大阪赴任以来最軽量で臨みたいものです。

マットな質感

今度出るそうです。
ZERO7

BORA50

2011~2012モデルは黒系一色のデザインが大流行りですね。

特にマットブラックのものは各社とも最上位モデルに導入しています。

約二年前にマットなモデルを導入した私的には「ようやく時代が俺に追いついてきたか!」って感じですがw
RNC7マット


しかし、実際にマットなモデルを手に入れてみると、結構扱い辛いことが多いものです。

一つはその渋い輝きを維持する方法が難しいということです。

自転車のマット塗装は殆どの場合、表面をクリア層で保護されてないので、非常に退色や傷などの劣化が激しいんです。

マット用コーティングと言うものも世の中には存在しますが、費用的に高価なうえ、通常の艶ありコーティングより保護力は落ちます。

私のRNC7はツール・ド妻有参加時にゼッケンをタイラップ止めしたお陰でヘッド周りが傷だらけです。

あと、日焼けも怖いので室内でカバーを二重に掛けて、さらに走行後は必ず湿らせたウエスで拭きあげてます。
あ、空拭きはダメです。傷の元ですので。

てな感じで、良い状態を維持する手間やら何やら考えるとそれほど良いもんじゃ~ありません。

私も今度、大きな傷が入ったら塗り替えちゃおうかと思ってます。


だから、このマットカラー・ブームは比較的早く終息すると思います。


ちなみに上のウィリエールのZERO7というフレーム、軽く100万円オーバー、800gアンダーの重量となるようです。

今年サーベロが500g台のフレームを発売した途端、各社がそれに肉薄する重量のフレームを発表しましたが、価格も肉薄していますので、エアロブームが終焉したら、第2次(3次?)軽量ブームが到来するかもしれませんね。

やっぱり財布のヒモが固い消費者から高い金を出させるには相応の説得力が必要ですから、“軽い”というのは単純で分かり易い理由なんでしょう。

軽さを追求すると、ISPや内蔵ケーブルといった今の流行とは逆行する仕様になっていくようで、求めるものは同じはずなのに“正義”がコロコロ変わるのは面白いところです。


そっちの流行を追うとお金がいくらあっても足りませんので、私は色目だけ流行を追って行こうかと思います。


さて、この次に来る色はなんでしょうか?


私はシルバーが来るんじゃないか?と思ってるんですよね~、しかもミラー系の。

バラ売り

先日、サイタマッシーンのペダル交換をしていて気付いた訳ですよ。

RXSペダル

ちょっとピンぼけ気味ですが、同じペダルの左右で、上が4年物、下が1年物。

この写真では分かりにくいので拡大すると

<4年物>
4年物


<1年物>
1年物


ね?
明らかに左の方が摩耗してるでしょ?

右側は4年物でも大して傷ついてないし。

理由は簡単。

信号待ちの度に脱着を繰り返す左の方が磨滅しているということです。

「そんなの当たり前じゃん!」

と思いましたか?



恥ずかしながら私は今まで気付きませんでした。

そして、そういう指摘を受けた記憶もありません。


当然、ペダル側でコレだけの左右差が出るんですから、クリートの減り方も左右均等であるはずはありません。

クリートをまじまじと見比べたことがありませんので、どのくらいの差が出るものなのかは正直判りませんが、交換時期を判断する時は左足側の脱着がし辛くなった時なので、減りの早い方で判断しているという意味では間違いではないでしょう。

ただ、逆側の右はまだ全然使える可能性がありますので、勿体無いと言えば勿体無い。

特にタイムは左右入替でQファクターを調節するので、途中で入れ替えて摩耗を均等にするなんてワザは使えませんから、都度、全取り換えです。

ペダルボディも左がくたびれてきたら交換時期という判断でしょう。


これはエコではない。

さすがに数年単位での交換になるペダルを左右バラ売りしてくれとは言いませんが、クリートはバラ売りしても良いんじゃないでしょうか?

シマノのように単価が比較的安めで、左右どちらに付けても問題ない(?)タイプは自分で好きに入れ替えれば良いですが、海外メーカーの左右が決まっている製品に関しては、バラ売りするだけで大分財布にも環境にも優しくなるハズです。

確かにリサイクル設備を作ったり、土に還る製品を作ることもエコですが、何の設備投資をしなくてもすぐに出来るエコというものをメーカーや流通に関わる人たちも考え、実践して欲しいと思います。


ケチくさいと思われる向きもあるでしょうが、まだ使えるものをジャンジャン、リサイクルに回すのがエコとは思いたくありませんね。


そうしてくれれば、スピードプレイも、もう少し売れると思うんだけどなぁ…

的外れ

昨日は午前中いっぱいの自由時間だったので、少し足を延ばして和束まで行ってきました。

と言っても往復70~80km程度ですので、大した走行距離ではありませんが、今の私には十分ロングな部類に入ります。

途中に山がありますので、平地の5割増し、120~130km相当くらいの疲労度でしょうか。

道中でほぼペースが同じ位のTREK乗りの方と一緒になりましたが、下りでは全くペースが合わず、追い越すべきかどうかしばらく悩んでしまいました。
決して煽ってるつもりはないのですが、ご本人にしたら不愉快だったかもしれません。

抜きざまに謝ったつもりでしたが、休憩場所でサッと行ってしまわれたので、怒ってたかもしれませんね。ゴメンナサイ



折り返しの和束ローソンで柏餅をGETして、その美味しさに思わず店員のオバちゃんに

「この柏餅はタダの柏餅じゃないよね?」と聞いたら、

「130円ですよ。」と真面目な顔で返されてしまい、関西人の奥深さを痛感したり、

めげずに「そうじゃなくて、地元の和菓子屋さんとかで作ってるとか…」と聞き直したら、

「ヤマザキのですけど。」と恥の上塗りをしたり…


「『空腹は最高の調味料である』とは、周富徳(違)も上手い事を言ったもんだ」と、墓穴を掘ったりしても全く走りには影響しないことだけが立証されましたw


帰路に念願だったvelocafeにも立ち寄ることができ、久しぶりの和束サイクリングは無事終了。

一番印象に残ったのがvelocafeのトイレという、「何のこっちゃ?」な一日でした。




※今回も全く写真がありませんが、これはあえて中途半端な写真は載せず、実際に自分の目で確認して欲しいという切なる願いからの行動であるとご理解・ご協力を賜りたいのです。

 決して面倒臭いとか、カメラを持って行き忘れたとかいう、ブロガーの風上にも置けない理由の為ではないことを改めて表明して、私の挨拶にかえさせて頂きたいと思います。ご清聴ありがとうございましたw

やっぱ愛だろ?

明日は天気も良いようですので、久しぶりに大正池を越えて和束の方に行ってみようと思います。

出来れば朝早めに家を出て昼頃帰還といきたい所ですね。


しかし、こうやって時間と目的地を公に出来るのも久しぶりですな。

何せ普段は子供とカミサンのご機嫌を伺いながらなので、何時に出られるか、本当に走れるのか、その瞬間までハッキリしないですから。


皆さんと日時を決めて集まって走るなんて夢のまた夢です。

おかげで大阪に来てからはすっかりソロが板についてしまいましたw


本当はチーム練習なんて物にも参加したいのですが、中々・・・。


毎週のようにロングライドされたり、決まった日にチームで練習できる皆さんを見るにつけ、羨ましい気持ちも湧いてきますが、これも優先順位の違いなので致し方ないですな。




あ、愚痴っぽく書いちゃいましたが、決してそうじゃないんですよ?

私にとって今は、仲間と走る時間より家族で過ごす時間を優先すべき時期だというだけです。

それに年に1~2日は終日の自由時間を貰えますから、恵まれている方です。


ああ、僕ぁ~幸せだな~。

劣化

DIVA

先日、埼玉を走ってきました。

久しぶりにRNC7を引っ張り出して、意気揚々とグリーンラインを目指したのですが、全く脚が回りません。

単なる劣化か、ノーマルクランクの故か、その両方か?

それでもノロノロと定峰峠まで上がりました。


その後スッカリ気持ちも折れて、高篠峠から下り、シロクマパンで補給したらCR経由で帰還というコースでしたが、家に着いたら発熱と下痢でひどい目に遭いました。

あの無様な走りは体調不良のせいという事にしておきましょう!

これで何とか私のチンケなプライドも保たれましたw




写真は先日導入した自転車運搬用兼カミサンの足車ですが、どうも凶暴な面構えとは裏腹に遠乗りは不可との判定。

「そんな事、買う前に気付けよ!」って感じですが、最近の買い物は一事が万事、こんな調子です。

やっぱり慌てて買い物するとろくな事が無いですねぇ。

まあ、自転車屋に運ぶくらいは使えそうなので、出番もあることでしょう。



しかし、最近の軽はインテリジェントキーからパーキングアシストまで付いて、豪華になりましたね~、シートの出来は相変わらずですけど。
GO TOP