ラストライド?

一昨日の土曜日はとても穏やかで良い天気でした。

かなり久しぶりに外漕ぎが出来ましたので、意を決してサヨナラ・レコード、ラストライドにするつもりで朝の8時過ぎに家を出ました。

凍結の心配がないので、精華町から学研都市を経由していつものコースを辿りましたが、非常に気持ちのいい走行ができました。


相変わらず時間にして2時間ちょっとの短いサイクリングですが「もう、思い残すこともあるまい」と帰宅後すぐに自転車をバラそうとすると…3月後半にまとまった時間が取れそうということが判明。


まだ1カ月も先ですが、上手いこと準備すればホイールのメンテナンスや未納パーツの到着など、一気に片付けられそうな雰囲気です。

小さいお子さんが居るお宅なら判っていただけると思いますが、自宅で集中して何時間も作業するのは至難の業なんです。
まして、子供が触ったら危ないものばかり…最近のサボり気味なメンテの原因はこんなところにあったんですね。

結局、フレーム以外は全取っ換えになってしまって作業量も増えたことだし、自転車屋さんにホイールを持って行ってオーバーホールして貰いたいところだったし、子供のいない日を狙って集中的に作業することにして、もうしばらく乗ることにします。

自転車屋が近所にないので、作業依頼をしに行くにも半日がかりなんですよね。

その時間が取れるだけでも嬉しいです。

通勤時にホイール持って行って、営業先を回る途中で振れ取り依頼しようかとすら思いつめていましたからw


近々、近所にサイクルカフェなるものがオープンするという情報も得ましたので、次からはそこにメンテも頼めると嬉しいな~と考えています。
スポンサーサイト

獲らぬ狸・・・

今月は思わぬ臨時収入があったので、チョットくらい自転車に回しても良いだろうと消耗品を何点か買いました。

梅田のお店をウロチョロしてたのもそのためです(っても、知ってる人はほとんどいないでしょうけど)。


そうしたら、これまた予定外の出費がありまして、ほぼ臨時収入と同額が出て行ってしまいましたorz

世の中こんなもの…と諦めてますが、諦めちゃ拙いのが浪費した分のマイナスです。
そのやり繰りに困り果てて、顔面蒼白継続中ですわ。


まあ、そんなショボい話をブログに書いても仕様がないので、消耗品を購入した際のお店による対応の違いを比較してみましょうかね。



仮に“東の店”と“西の店”とします(大阪の人しか判りませんよねw)が、ペダルと一緒にクリートの予備を買った時に、東の店の店員さんは、何も言わず速やかにお会計してくれました。

西の店では、「このクリート、ペダルにも1組付属してますが、よろしいですか?」と確認してくれました。


さて、どっちの店が良いお店でしょう?

初めてのビンディングペダル購入者には西の店の方が優しいかもしれませんね。
でも、解って買ってる人の中には、鬱陶しいと思う人も居るかもしれません。

言い方を変えれば、東の店の方が客を大人として扱っているとも言えるかもしれません。

ちなみにどちらも最近、ポイントカードを導入したらしく、やはり西の店では入会を勧められ、東の店では提示すら求められませんでした。


たまたまそういう店員さんに当たっただけでしょうか?
そうかもしれません。
でも、私は何度かお店に通っているので、単にそうとも言い切れない気がします。

この日は居なかった名物オバちゃんが商魂逞しく「ついでにアレもコレも買って行って!」的な呼び込みをするのも、カリスマ店長がとにかくレース機材目線で話をするのも、根っこは一緒だと感じるんです。


これは善し悪しの問題ではなく、好き嫌いの問題ですので、ちゃんと双方にお客さんは付いています。

じゃあ、私はどっちの店が好きか?

それはその時の気分としか言い様がないのですが、東の店にムカつく日もあるし、西の店でプライドを傷つけられる日もあります。

結局、虫の居所と店員との相性で店の評価なんてコロコロ変わるんですよ。

だからwebでの評判とか、他人の評価なんて、これほどあてにならないものは無いとも常々思っています。


当然私のインプレなんて、その最たるもので、参考程度にも見ない方が安全ですw

ニュートラルな状態でインプレするなんて私には無理ですから。







ということで、近日中に購入したペダルのインプレをしたいと考えてますww

何時の間に

薄々感づいていたんですが、wiggle等のイギリス系通販サイトと国内の実店舗との価格差が縮まって・・・というか、物によっては逆転してますね。

先日、ウエパーに行ったらTIME iclickの換えクリートが2,000円ポッキリ、RXSのは1,680円で売ってました。
どちらもwiggleだと2,000円オーバーしたハズですから、これは安い。
隣のペダル本体も数百円差ですが、安い。

元々ウエパーでTIMEは扱ってなかったハズなので、ポンドかユーロが安いときに並行で仕入れたんだと思っていました。



その後シルベストにも行ったんですが、よく見るとココもクリートは2,000円。

この時、どうやら日本の代理店が価格を下げたのが原因のようだと気付きました。


特に他のブランドの代理店に比べても強気の価格を付けていたTIMEの国内販売代理店は、この2011モデルからその取り扱いブランドのほぼ全てで価格を下げて来ました。

もちろん、仕入れ自体が為替やらの要因で下がっているのもあるでしょうが、やはりここ数年のポンド安で相当“食われた”んじゃないかと・・・。


まあ、我々国内の消費者にしてみれば、保障付きで言葉の通じる近場から購入した方が安心なわけで、価格的にそん色なければワザワザ海外で買う理由もなくなってしまいます。

ある意味、外圧で国内の市場が良い方向に変わった訳ですから、歓迎すべき変化ですね。

その変化した代理店が扱う「去年より割安な」フレームが、同じくシルベストに展示されていましたので、思わず買ってしまいそうになりましたよw


比較対象が(不当に?)高いフレームですので、「安い!」と危うく勘違いするところでしたが、財布の中身を見て現実に引き戻されました。

その手には乗らないよ、ダイ○ソアさんww

バスプラ

西友のCMって印象的ですよね…バスプラ…何のこっちゃ?と思って調べれば、あー、そういうこと。

私も通販でいつも気にしています。


結構、送料や手数料に関係するのでね。
特に最近は小物が多くて、1点で送料無料になったりすることがないので“余計に”です。

この間も在庫の関係でコンポを2回に分けて購入したら、片方に送料が発生してしまい、それを無料に持っていくため、購入予定を前倒しして追加したり。


まぁ、西友が言ってるのはそんなことじゃないんですけどね(笑)


カンパニョーロを西友が取り扱ってくれたら嬉しいんだけどなぁ…そうなったらパラパラでも何でも踊りますよww

画期的と衝撃的

タイヤの減らない、画期的な固定ローラー台が欲しいと思い、500円貯金を始めてから数カ月。

順調にお金も貯まり、年内には何とかなるかな~と思っていた矢先に衝撃的な固定ローラー台が発売されました。

rock&roll
rock&roll2

KINETIC Rock&Rollという製品で、ダンシングが出来るそうです。

値段はLEMONDの製品とほぼ同じくらい。
重量も同じくらい。
設置面積は圧倒的にこちらの方が広大ですが、静粛性は上まわっていると。

もう「いっそLEMONDのヤツにバネ付けてくれよ!」って思いますが、なかなか二兎は追えないのが世の常です。

もしコレを買うなら大阪の社宅で使用するのは無理なので、埼玉のカミさんの実家に置かせてもらうことになりますが、だったらいっそE-Motionを買いたい。






私も一応大人ですから、「何を買ったか?」じゃなくて「どれだけ活用したか?」が重要なのは身に染みて分かっていますが、何か今まで出来なかったことが出来るようになると、自分もレベルアップするような錯覚に陥るのもいつもの事です(笑)

あと、ついでに見つけたのがこれ。
iphon4ケース

POM-CAM

POM-CAMというIPHONE4用のハウジングだそうです。

コレ自体は何の変哲もない防水機能を備えたケースですが、それよりも実際に撮影された映像のクリアさとIPHONE4の多機能さに感心します。

iBikeでも専用ハウジングでパワー計測できる製品を販売しているようですし、IPHONEが一つあれば、自転車周りの電子機器はすべて賄える時代が来るかもしれませんね。


個人的には毎年のようにモデルチェンジを繰り返すIPHONEにどれだけのメーカーが息切れせず付いてこれるかが気になりますが。

つぎに携帯を買い換える時は多分IPHONEにすると思うので、その時この製品が発売されていたら、買ってみようと思いますw

テンションも能率も上がらず

日本中的に雪の3連休でしたね(って、まだ終わってないけど)。

私は2連休でしかなかったので、特別な思い入れも無く、ダラダラと過ごしました。

本当はコンポの組み換えとホイールのオーバーホールでもしようかと思っていたんですが、何一つ手を付けず終わってしまいました。

昔は1日中玄関で自転車弄って、コンポの載せ換えくらい半日で終わった記憶があるんですが、今やそのマメさが信じられないくらい怠惰になってしまいました。


やっぱり作業場は冷暖房完備でないとねぇ…。


寒いと手がかじかんで効率悪いし、怪我でもしたら大変ですから。

暖かくなったらなったで、そんな時間があれば走りたいし、ややこしい問題です。


結局、必要に迫られないというか、古いコンポで何の不満も感じてないところが、モチベーションが上がらない理由なんでしょうね。


だったらプロに頼んで、時間の節約すればと思いますが、持ち込み作業では散々嫌な思いをしておりますし、入院中はローラーも漕げないので困る…と八方塞がりな状態ですわ。

いっそ新しいフレームを導入して乗り換えちゃうことも検討しましたが、正直、今のものを引退させてまで欲しいと思うものが見当たらないのが実情です。


やっぱり妥協せずに吟味して導入した今の機材選びは間違ってなかったんだ!と嬉しい半面、周りが最新モデルをジャンジャン導入する姿を見て羨ましい思いもあります。





あーあ、今年中に終わるかなぁ?

とりあえず買っとく

カンパのチタンシャフト・クランクは軽いッス。

純正でこの軽さ、この精度だとサードパーティー製品買う意味が殆ど無くなっちゃいますね。

価格的にもシマノと遜色ないくらいまでお買い得になりましたしw、2011モデルでは11Sカンパのシェアが上がるんじゃないでしょうか?

問題はチェーンカッターの特殊性と価格くらいですが、それもこんなところから廉価なものが発売されてます。
SuperB

スーパーBというメーカーの11S用チェーンカッターです。

値段は安い所なら1,800円~1,900円くらい、シマノ用と比べてもお安いかも…


何で最初から知らなかったんじゃー!

もうすでにチェーンカッターだけにリヤディレーラーと同じくらいの金額をつぎ込んでしまったというのにorz



気を取り直して、とりあえず買っておきますw

これで11S用チェーンカッターもコンプリート。

たぶん、こいつの稼働率が一番高いような気がします。

ちなみにミッシングリンク的なものはKMCとYBNから出ていますが、こっちもコンプリートww


これで、いつどこでチェーンが切れても大丈夫!

舌の根も乾かぬうちに・・・

昨日、海外通販してしまいました。

一応、性質の良い業者なのは確認済みですが。

欲しいと思う物がリアル店舗で扱ってなかったり、そもそも買いに行く時間が無かったり。

そうなると夜中でも買える通販を利用→価格&品揃えで海外優勢、となってしまいます。

アレルギーって治るんですねw


しかし実際の店舗の品揃えを見ると、完成車の販売やメンテナンス、フォームチェックなどの機材を置いて、ディスプレーをある程度見やすくすると品物を置くスペースが限られますね。

web上の店舗のみで倉庫しか無いような業者と比較して品揃えやコスト面でハンデがあるのは当たり前と言えるかもしれません。

自転車業界のドンキホーテ、圧縮陳列のウエパーですら梅田店はどこかスカスカした感じですもの。

そういえば本店や玉出店の時はあれほど買いまくっていた記憶があるのに梅田に行くとイマイチ買う気が起きないのは、物欲が後退しただけではなく、見た目のインパクトも影響してるのかもしれません。

東京ではセキヤを頻繁に利用していたのも今思えば、その安さや品揃えだけでなく“これは今買っておかないと”的な雰囲気に押されていた気がします。

大阪の方はご存知の方が多いと思いますが“ダイコクドラッグ”に行くと、そのPOPと店員の意味不明なメロディーにのった「大特価です!」に乗せられて、ついつい不要な物まで買ってしまうのに似ています。

実際はそれほど安くないんですが、どうも私は雰囲気に流されやすいようです。

浪費の敵は、お買い得オーラと圧倒的な物量、アルコールなんですよねぇ・・・分かっているんだけどなぁ・・・。

愚痴です

ちょっと性質の悪いショップに引っかかってしまいました。

初めて見つけた時は価格も安くて、ちゃんとしてそうな印象だったのですが・・・。

事の始まりはクレジットカード決済の失敗でした。

大手のサイトと違って在庫の管理に時間差が発生するため、決済は在庫確認後に行うみたいです。
まあ、それ自体は国内の通販でも良くあるので問題ないのですが、他のサイトでも使えているカードなのにオーソリを通らないと言ってきました。

「どうするか連絡くれ」との事だったので、直ぐにメールで他所では使えていること、決済の手順(何で確認を取っているのか?)を尋ね、もし住所などの情報で追加認証を取っているのであれば、その方法は不可能なので別の手段を取ってくれと伝えました。

しばらくすると「決済が通った」とメールが来たので一安心していると、数日後に「一部商品の在庫がない」と連絡が来ました。

「オイオイ、在庫確認してから決済するんじゃないのかよ?」と問い詰めると、「確認間違っちゃった、テヘ?」というふざけたメールが・・・ここで切れても仕方が無いので、「じゃあ、入荷まで待つよ」と連絡して、また数日後・・・「入ったよ!」メールが来たのでホッとして、待つこと数週間・・・何の音沙汰も無しです。

いい加減頭にきていたので、少し怒りを込めてメールすると「別のパーツの在庫も切れたので、どうするか?ってメールしたよ、数週間前に」と逆切れ気味の返事が届きました。

「なんで決済まで済んでる俺のオーダーがキープされてないのだ!」と怒っても仕方ありません。
結局、在庫の管理が甘い業者に頼んだ私の失敗だと悟りました。

そこからは事務的にオーダーと決済の取り消しを依頼し、引き落とし日に引き落としが無いことを確認して終了。


たった1~2万円の差額のためにエライ労力ですorz


結局、国内の業者で+1万円程で購入しました。

その際のきめ細かなメールでのやり取りと、日本語が通じる安心感は傷付いた私の心には感動的ですらありましたw



そんなこともあり、しばらくは海外通販アレルギーが治りそうもありません。
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。