憤り

「文句あるなら買うなよ!」



…ハイ、その通りでございます…



が、やはり一言、言いたい。


funrideよ、今月号は酷過ぎるだろ!


ココ最近、他の2誌に比べてページ数が極端に少ない(仮に広告ページばかりだとしても)と思っていたfunride誌ですが、10月号は輪をかけてペラペラ。

紙面を削る理由は、かつてはDVDの付属、今はweb上での動画公開ですが、これってどうなのか?

紙媒体を購入する層というのは、そういうサービスを進歩と捉えるのでしょうかね?


私はfunride movieをワザワザ忙しい時間を割いてまで観ようと思ったことがないので、コストパフォーマンスの悪い雑誌と判断せざるを得ません。

実際ここ数カ月は定期購読も止めて、発売日以降の長距離移動の際に暇つぶしに買う雑誌に格下げされていました。

しかし、今月号は暇つぶしにすらならなかったので、来月号からは立ち読みで終わりです。


本誌に750円に見合う内容は無い、movieは購読者でなくても観ることができる。

購読料と広告費の大半は、不特定多数が訪れるweb運営に回され、実際にお金を出す読者と広告主には薄っぺらな広告雑誌が手元に残るだけ。

しかも自称ライターが稚拙な提灯記事を書きなぐって、いかにもコスト削減とやっつけ仕事感が滲み出ています。
(これは他誌も似たり寄ったり)


「そんなの前からそうじゃん!」としたり顔で言うのは簡単ですが、私はそんな単純な話ではないように思います。


(自転車雑誌では無いですが)出版業界の方に会うと「出版不況だから(クオリティが低いのは)仕方が無い」とか「活字離れだから」みたいなことを言う人もいますが、むしろ逆だと私は思います。

今でも新聞・雑誌、文庫等の活字を読む層は沢山いますし、それらの層は本当にクオリティが高ければハードカバーだろうと何だろうと買って読みます。

私はそれほど活字中毒ではありませんが、それでも1か月の書籍代は(軟硬入り混じってますが)多分1万円近くになります。


「まじめに良いものを作れば不況でも売れる!」なんて綺麗事を言うつもりもありませんが、少なくとも真面目に良いものを作っていれば、今までに付いた客は離れません。

だからfunrideがやっているような今までの読者やスポンサーを蔑ろにしたようなやり方は間違っていると思います。

一度離れた客は二度と戻ってきませんから。

そして立ち読み(web上も)はもちろん、客ではありません。


他に比べてビギナー目線&ビジュアルに拘りが感じられたfunride誌、私は支持していただけに残念です。
スポンサーサイト

隔離?

しばらくブログを更新しなかったのですが、別にネタ切れじゃ~ありません。

ちょっと日本を留守にしていたダケですよ。

本当はサクッと5日間で帰ってくるつもりが、現地で風邪引いてしまって、旅程変更&空港で隔離。

既に釈放されて娑婆にいますが、相変わらず風邪は出て行ってくれません。



体調&モチベーションが回復するまではもう少し時間がかかりそうですが、生きてますのでご心配なく…。

夜練

最近夜明けが遅くなり、5時半過ぎないと暗くて危険な感じですね。


私の朝練は5時前後にスタートして6時半に終了するのが基本なので、明るくなるまで待ってたら1時間も走れません。

そこで自慢の200ルーメン懐中電灯を装着して走る訳ですが、やはり真っ暗闇で1本は心もとない&バッテリーの減りが経済的でない。

我が家は、すぐ林道のような坂道に出られるので、練習には好都合ですが、裏を返せば年中薄暗い道が多いとも言えるので、今の時期は5時頃でも真夜中な雰囲気です。

そこで考えたのがバッテリーのエネループ化&ライト2本体制。

早速、懐中電灯を追加購入しようとwebで探します。



すると…自転車用ライトで400ルーメンという強力な物がディスカウントされてるのを発見しました。

懐中電灯の2倍の値段ですが、明るさも2倍、バッテリーの持ちも2倍、何より自転車に最適な配光というのがソソラレます。


朝のたった30分の為にそこまでするか?って思いましたが、気付けば手元に届いていましたw


想像よりデカくて邪魔な気もしますが、とりあえず取りつけて朝の5時前にrideing


素敵に明るいです!

とりあえず一般道では問題ないどころか、向きによっては対向車にパッシングされかねません。
時速30~40㎞で走る分には十分すぎます。

もっとも、余程上向きに付けないと幻惑することがないように作られているのは、さすが専用ライトと言ったところでしょうか?

そうなるとデカさもバッテリーの邪魔さも気になりません。

物凄く気に入って毎朝使っていたのですが、先日、急に点灯しなくなってしまいましたorz


これが無いと非常に困るので、すぐ購入した店に問い合わせると

「原因を調べるから一度送り返して。それからメーカーに送るから、1か月以上かかるかもね?」

というつれない返事。



今この時期に1か月もこのライト無しは痛すぎです。

多分、ライトが戻ってくる頃には寒すぎて4時起きなんて出来ません。



もう、強力なライトの虜になってしまっていた私は、そのshopのページの隣に載っていた製品をポチッ!

…値段が2.5倍、明るさ3.5倍です。



スクーターより強力な明るさだそうです。
時速100kmで走っても対応できそうですねw


もし、第2京阪の側道を時速100kmで走ってる、超明るい自転車を見かけたら、多分私です(嘘)

「悪い意味」なんてあるのか?

先日電車に乗っていると、丁度私の斜め前にマタニティ姿の女性が立った。

たまたま座っていた私は迷うことなく「どうぞ!」と席を譲る。


するとその女性、怪訝そうな顔をして「いえ、結構です…」

私は構わず「私はすぐ降りますから、ご遠慮なく」とさらに勧めるが、遠慮深い女性は相変わらず断り続ける。

譲ったほうとしても「ハイ、そうですか」と座り直す訳にもいかず、駅が近付いてきたので、扉付近に移動して降車する振りをする。


女性はその場に立ったまま、大学生くらいの男の子が脇からサッと座ってしまった。


何で女性は座らなかったのだろう…と考える。

譲られる理由が無い(妊娠していない)からか?

そう思って見れば、全体的にふくよかだが、お腹だけが突出して大きくなっている訳ではない。
服装もマタニティ風ではあるけれども、そういうファッションと考えればそのように見える。



そこでハッとするのが、以前もやらかした早とちり。

知人が「3人目が欲しいんだよね~」と言っていた翌週、意味ありげに奥さんの写真を見せるものだから、「おめでたですか?」と聞くと「タダの産後太りだよ!」

その時の私の言い訳は「すごくお幸せそうに見えたもので。もちろん良い意味で!」



状況証拠だけで判断するとこのように恥をかく。

お年寄りに席を譲る時もそうだ。

「お疲れかと思ったもので。もちろん良い意味で!」





最近、よく見聞きする「良い意味で」「悪い意味で」。

言葉は本来、肯定的なニュアンスや否定的なニュアンスを含んでいる事が殆どだ。

だから、あえて「良い意味で」とか補足する必要なんてない。

また、否定的な言葉を使って「良い意味で」なんて付け足しても褒めてるようになんて聞こえない。

それどころかボキャブラリーの貧困さを露呈してるようなものだ。

特にスポーツ選手上りのコメンテーターなんかによく見受けられる。

「中西君、頭悪そうに見えるよ?もちろん良い意味でw」




どうして、妊婦さんに席譲った話がこんな展開になるのか?

それは私が常日頃から物事を深く考えずに言葉の上っ面だけ捉えて、上滑りの思考をしていることの現れだろうね。

もちろん悪い意味で。

無用の長物

夜走らないのに1400ルーメン。

決戦が来ないのにカーボンディープ。

明け方・夕暮れ走らないのに調光。

1BOXじゃ無いのにISP。

貧脚なのに出力計。

アウター使わないのに11S。



好奇心には敵わないのよ…orz


反省

ツールド妻有から1週間が経ち、ようやく体からダメージも抜けてきました。

当日の熱中症紙一重の状態から考え付く反省点は「精神的&体力的余裕の無さ」に尽きます。


“年寄りの冷や水”は良くないからと、意識的・無意識的に炎天下を避けたり、激坂を避けたりし続ける生活の中、サバイバル力というか、極限状態での判断力や行動力が大幅に低下していたようです。


もちろん、いつもギリギリに追い込んでいたら命がいくつあっても足りませんが、時々はその寸前まで追い込んでやらないと進歩が無いように思います。


朝練は完全に太陽が昇る前の涼しい時間帯に走れて快適ですが、暑さに対する耐性は養えませんし、激坂に行く時間的余裕もありません。

そう考えると暑過ぎてムリ!と思っていた室内でのローラー生活(クーラー無し)も暑さ対策には有効な気がします。

週末も少し時間と距離を延ばして、高い負荷をかけて坂を上れば、体力&精神力向上に役立つことでしょう。


少しアナクロな根性論で「巨人の星」の世界みたいですが、意外と今の自分に一番足りないものだと思います。

科学的なアプローチや効率的な練習も良いんですが、そもそもそれを実践するスキルを持たないおやぢには、“昔取った杵束”的な倒れるまで頑張る練習が結構性に合っていると思うのです。





その前に長年の怠惰な生活で蓄積された腹周りの老廃物を取り除いた方が簡単に速くなれると思いますが、精神力の無さから、なかなか思うようになりません。

で、まずは精神力を養うトレーニングから…

やっぱり・・・

妻有をRNC7で100km以上走って思ったこと。

やっぱり直進安定性が悪い。

というか、車体の安定性が悪い。

平坦でフラフラ、上りでグラグラ、下りでブレブレ…危なっかしいったらありゃしない。

折角の下り坂も全然楽しくないどころか、怖くてブレーキ握りっぱなし。
何時、明後日の方向に飛び出していくか分かったもんじゃない。

なんでココまで気に入らないのだろう?

素材のせい?ジオメトリのせい?重量バランスのせい?


ちょっと原因が分からない状態で、セッティングとか何とかで誤魔化せる感じじゃない。


他所でRNC7の評価を見ても「安定感が劣る」なんて書いてあるの見た記憶が無いんだけど…。



フレーム以外のパーツが悪いなんてのも考えにくい。

コンポはDuraだし、ハンドル&ステム&シートポストはリッチーのWCSだし、ホイールはEASTONのアセントだし、このまま最新のフレームに付けても遜色ないパーツばかりだ。

鉄はカーボンよりダイレクトに振動やギャップを伝えてくるから、単にビビってるだけ?

いや、だったらアルミのバイクに乗っていた時も同じ印象を持つ筈だ。


フレームが悪いのでなければ、あと考えられるのはフロントフォークくらい。

確かにフォークを変えれば「性格が激変する」なんて言うのを聞いた気もする。


単に色合わせで買ったEASTONのフォークだけど、ひょっとしたら化けるかもしれないな。


でもこれで良くなっちゃったら、アンカーの純正フォークって何?ってことだから、それはそれで複雑かも…。




もし、これでも直らないようなら、諦めて次のバイク探そう。

つまり・・・

もうだいぶ日にちが経ってしまいましたが、8月29日の日曜日に新潟県の妻有というところで開催された「ツール・ド・妻有」というイベントに参加してきました。

さいたマッシーンで100kmオーバーを走るのも初めてなら、新しいシューズも下したて、サングラスも下したて、と、言い訳には事欠きませんw

他にも「膝を痛めた」とか、「持病の腰痛が」とか、「長年の虚弱体質が」とか…エクスキューズは豊富にあるので精神的な余裕はバッチリですww

そんな余裕も手伝って、前日は時間ギリギリの現着、腹一杯の補給、胸一杯のアルコール摂取と“やっちゃいけない”フルコースでした。

しかも普段エアコンの効いた寝室でしか寝た事のない私は、天然のクーラーが故障した宿泊所“三省ハウス”で眠りにつくことが出来ず、新たに「寝不足」というエクスキューズもGETして、当日の朝を迎えました。


7時のスタートに余裕を持って臨めるよう、早め早めに行動して、軽めの朝食を取り、スタートラインに並ぶと懐かしい顔ぶれにも会えて、非常にリラックスした時間を過ごせました。

さて、いざスタートしてもレースでは無いので皆のんびり、私は、まかだまさんが「一人じゃウ○コできない」というのに付き合って、ミオン中里で集団から一旦離脱します。

コースに復帰してからは、コース脇で手を振ってくれる町の人々に応えつつ、マッタリと進みました。

最初のエイドが10kmも行かずに現れたので早速補給しますが、まだ全然お腹が空いていないこともあり、キュウリ1本とトマト2個だけ頂いてリスタート。

「ここから上りが本格化する」というあらごんさんの言葉を信じて、うめさんに続きますが、本格化する前に2つ目のエイドステーションが現れちゃいました。

まだ20kmくらいしか走ってませんが、結構お腹が空いていたので、キュウリとトマト各1、笹団子1個、おにぎり3個
を補給して次のエイドまで進みます。

今回の目標の一つに全エイド制覇&全食材完食というのがあったのですが、ここでのおにぎり3個は食い過ぎでした。

坂でお腹が重いだけでなく、次のエイドについても全く腹が減っていませんでした。

でも、パエリャや白ゴマ&黒ゴマのおにぎりを見せられると食べない訳に行きません。
更に重くなったお腹を引きずりながら、直ぐに現れるエイドで果物・漬物・おにぎりを詰め込みます。

ハンガーノックの恐怖には打ち勝ちましたが、オーバーイーティングの対処方法までは考えていませんでしたorz

この頃になると太陽も高くなり、気温もグングン上昇していて、胃もたれを凌ぐ脅威になっていました。

何とか能舞台エイドステーションに辿りつき、蕎麦や唐揚げを食べながら皆の到着を待ちます。
内心「蕎麦や唐揚げなんて消化に悪いんだよな~」と思いますが、一生懸命食事を振舞ってくれるボランティアの皆さんの顔を見ると食べないのが申し訳ないくらいの気持ちになってきます。

続々と仲間が到着し無事も確認できたので、根っ子が生える前にhajimeさんと再スタートします。

この時のパートナー選択は、半分失敗、半分成功。

hajimeさんのペースは私には明らかにオーバーペースで、とにかく景色を見る余裕もなく、絶景の棚田の写真が1枚も無いのも、彼のせいですw

その上、エイドごとに待っていてくれて、一息つく間もなく引きずりまわしてくれます。


暑さのピークと疲労のピークが同時に訪れてきて、聞こえるハズのない声が聞こえ、見えるハズのないものが見えてきます。

hajimeさんはというと、坂に差しかかる度に私をブチ抜いてニヤニヤしています(ように見えます)。

本当にムカつくので、体当たりして崖から突き落としてやろうかと思いましたが「次、殺ってやる!」と思って頭を上げるとゴールのミオン中里が目に飛び込んできました(命拾いしたな)。


無事、3時前にゴールして、温泉で生き返り、居眠り運転しながら帰宅しました。



だらだら、と写真の1枚もなく書いてきましたが、正直、後半の記憶が所々無いんです。
hajimeさんに対する殺意だけはしっかり覚えてるんですが…w

多分、熱中症気味だったのは間違いないので、今後真夏のイベントに参加する際は、そのための準備を怠らないというだけでなく、途中で諦めるという決断も必要だと痛感しました。

今回の私は明らかに準備不足だったと思います。


ただ、それでも無事走り切り、こうして楽しい思い出も辛い思い出もブログに綴る事が出来るのですから、一緒に走ってくれたチームの仲間の存在はとても大きかった。

また、皆さんと一緒に過酷なイベントを共に走り抜きたいと思いました。
どうもありがとう。
GO TOP