SRAM red eTapについて

最近、SRAM red eTapを購入してRNC7にインストールしたのですが、結構色々あったので、書きます。

皆さん、3大メーカー初の無線コンポに様子見なのか、あまり有用な情報は出ていません(2016年11月現在)。

私の情報もRNC7にDura9100クランクとともに組み込むというニッチな仕様なので、世の中の役に立つ可能性は低いですが、ピンポイントでハマる人がいるかもしれませんし、そういった先人たちの積み重ねでインターネットの世界がなりたっているということで、公開します。

eTap、一言で言うと、バッテリーや送受信機を各ディレーラーに内蔵しているため、サイズがどうしても大きくなります。
ワイヤー引きの物はもちろん、他社の電動よりも。

そのため、設置場所の余裕が殆どありません。
RNC7のようにダブルレバー時代に車体設計された、旧規格の遺物みたいなフレームだから、というのも一因ですが、それを差し引いても厳しいです。

FDの場合、シートチューブ径が28.6mm用のバンドアダプターなんて殆ど作られていないため、31.8mmと共用してシムをかませるわけですが、そうすると0.5mmくらい外側にはみ出します。
そこへ持ってきてFC9100なんて極太のアームをもつクランクを合わせると、隙間が0.5mmくらいしか出来ません。
しかもその隙間部分にイモねじが2つ付いていて、それを回してインナー側とアウター側の隙間調整をするのですが、少し飛び出すとクランクアームに当たってしまいます。
今はベストポジションに調整して、0.2~0.3mmくらいの隙間ですよ。
BBが撓み易いスチールフレームなんて、ダンシングでグイグイ踏んだら擦っちゃうんじゃないかと心配していますが、幸い超高剛性でビクともしないDuraクランクと、モーターで変速位置が毎回ぴったり同じでズレないeTapのお陰で、今のところ事なきを得ています。

この状況は、殆どのスチールフレームに当てはまるケースだと思います(FC9100以外のクランクは分かりませんけどね)。

あと、直付けタイプの極太カーボンフレームなんかでもキチンとFDの逃げが造ってあるメーカー品は良いですが、粗悪な中華カーボンとかだとまともに使えないかもしれません。

これらのことから、SRAM側はシマノのコンポとミックスでも使えるとアナウンスしているようですが、シマノはSRAMとの互換性なんか考えずに造っているので、いわゆる「自己責任」でやるか、素直にプロショップに依頼して、確認しながら、「ショップの責任」でやることになりますが、私の体験上は後者の方が利口だと思います。

まあ、RNC7乗りはある意味前例があるので、一定の動作は保障されていると言っても良いかもしれませんw

とまあ、最大で唯一のネガは今のところこのくらいで、使用した感想としては、「とても良い」です。

クランクとブレーキはシマノ、ホイールとカセットはカンパを使用した、かつてない程のミックス具合ですが、全然問題なく動きます。
変速の速度も遅いとは感じませんし、一発で決まる感触は電動ならではでしょう。

見た目のスッキリ具合、ハンドル周りの軽快感、メンテナンスのし易さ(まだしてませんけど)など、今から敢えてワイヤー式を買う意味が分からないとすら言いたい。

もちろん、耐久性やスモールパーツの供給体制など不安もありますが、システムとしての完成度はものすごく高いです。

逆にシマノの優位性は耐久性(実績)やスモールパーツの供給体制がしっかりしていることくらいで、システムとしては9100でも1世代遅れていると思いますね。
ましてカンパなどは言うまでもない。

と、今日現在は大絶賛なeTapでした。
スポンサーサイト

1年ぶりです

丸一年ぶりの更新です。

もう、パスワードも忘れちゃってたくらいなので、ログインできるか心配でしたが、無事に記事が書けました。

特にこの一年で変わったことも無く、1歳年をとった事くらいですが、チョボチョボ乗ってます。

仕事が忙しくて更新をサボっているうちに1年経過ってパターンですが、最近、社畜から精神的に開放されたので、少しは更新できるかな?

物欲記事を書く気分は失せてますけど、サイクリングの記録ぐらいはまた書きとめていこうと思ってます。

ちなみに明日は熊谷方面に焼き芋を食べに行きます!

3連休のRIDE

11月最初の3連休は、予定では2日(日)と3日(月)が走れる予定でしたが、結局3日の朝2時間だけの走行となりました。

子供が急に熱を出したり、思いがけない出来事は起きるものですから、致し方なし。

それでもようやくオーバーホール上がりのAEROADにちゃんと乗ることが出来、かなり気持ちよく走れました。

以前のブログでも書いた変速の軽さは感動的ですし、変速のズレ、ヨレなど皆無です。

ワイヤーの他、プーリーとチェーンもDuraのものに交換したので、駆動系は殆どDuraAceみたいなもんですが、実は1点だけ気になることがあります。

シフトの引きが軽くなったことによって、レバーのストロークの大きさが際立って感じられるのです。

一応旧型とはいえ、DuraAceのコンポも持っているので分かるのですが、STIレバーのスイッチみたいなストロークだと問題ないどころか、より気持ち良い感触に繋がることも、カンパの「ヨッコイショ!」と変速させるためのレバーだと無駄な動きが多すぎると感じてしまいます。


これ、全部シマノ、全部カンパだとお互いの違いは「コンポの設計思想の違い」だと一言で思考停止してしまう事柄ですが、一部を交換することで細かな違いが強調されたんでしょうね。

それでも非力な私にとって、少ない力で変速出来るのは大きなメリットですので、前向きに捉えて来期に生かしていこうと考えています。


さて、基本自宅に篭っていた連休でしたので、やることと言えばネットショッピングくらい。

TIMEのクリート在庫が無くなっていたので、あちこちのショップに聞いてみたのですが、どこにも在庫無し。
TIMEって毎年この時期に欠品するんですよね。
最近モデルチェンジが頻繁で、代理店も大量の在庫は持てないという事情があるのでしょう。

海外のサイトは在庫豊富で値段も(まだ)安いので、送料が無料になる数を購入しました。

他にもXPRESSO12が22,000円程度で叩き売りしてましたので、新型出るのか?と思ったら、やっぱりセラミックベアリングの15と言うモデルが追加されるようです。

TIMEのペダルの回転の渋さは定評のあるところですので、目の付け所としては間違ってないと思うのですが、途端にそれまでの最高峰だった12の価値が暴落するので、ビジネスとしてどうなのかな?という疑問は沸きます。

少なくとも私は、もう付き合いきれないかな?という感情が強くなりました。
カンパの電動の時と同じですね。

最高峰のモデルは扱いが難しいとは思いますが、私の情熱はそれらを追いかける程ではなくなってしまったようです。

AEROADとRNC7

昨日はツーリングはお休みで、配車作業2発。

朝7時過ぎに家を出て立川に向かいます。
マングローブバイクスさんに9時に自転車を取りに伺う約束をしたので。

駅のホームに入ってきた電車に座って、ホッと一息ついていると・・・柳瀬川で列車点検の為停車中のアナウンス。
結局10分以上待たされ、乗っていた電車の行き先や出発順が変わり、右往左往で8時半に立川駅到着。

1時間以上かかってしまったよ。
駅からは徒歩でお店に向かいましたが、記憶していた以上に遠かったのか、脚力が衰えたのか、時間ギリギリで到着。

店に入るとバイクはまだ作業中。
学連の選手のメンテが急に入ってしまって、間に合わなかったそうです。

結局、実走確認や雑談やらで、作業終了が10時過ぎ、店を出たのが11時過ぎw

約束の時間に間に合わなかったけど、こっちも店長の作業時間を雑談で削ってしまったので、今回はお相子ということでw
(実際の作業依頼は、きちんと希望を伝えれば時間も守ってやってもらえますよ。私は「年内に出来ればOK」とか、引取り時間も「雨が心配なんで」ってザックリした依頼ですから)

その後、家族にお昼ごはんの購入を依頼されていたので急いで帰ったら、丁度1時間位で家に着きました。

久しぶりに乗ったAEROADは凄く快適で、異音解消、変速もスパスパ決まります。
特に9000系Duraのケーブルが秀逸で、Gore-RideOnのケーブルよりも軽いくらいです。
雑誌のインプレで9000系は絶賛されていましたが、8割がたはこのケーブルの手柄でしょうね。

Goreのケーブルが手に入らなくて残念に思っていましたが、これがあれば問題ないです。


帰宅後、今度は昨日まで乗っていたKOMを妻の実家まで回送。
これまた昨日まで最高と思っていた変速が重いの何のって・・・人間の感覚とはつくづく適当で相対的なものだと実感しました。

妻の実家で、主に冬の間乗るRNC7のサドル交換を実施しました。
カスタム・アリオネからクーヴァ・スネークへ。
乗り心地を試そうとタイヤに空気を入れ、車体を磨いていると、FDワイヤーが弛んでいました。
チェーンがインナーに落ちてるとはいえ、弛みすぎかな?と変速を繰り返してみてもアウターに上がりません。

そのうちガリっという嫌な音がして、クランクの回転を止めるとFDがクランクに当たっていました。

RNC7はFDがバンド留めなんですが、そのバンドを固定するチタンネジが破断してました。

その場では適当なネジが見あたらなかったため、補修は諦め、サドルの乗り心地も試せませんでしたが、こんなことが起こるとは想定外でした。

FDにかかる負荷の大きさを思い知ると共にチタンの「強い」というイメージも勘違いだと思い知りました。

チタンは錆びないので、耐腐食という意味では強いですが、引っ張りや捻れといった物理的強度から言うと必ずしも(他金属と比べて)強くないんですね。

FDを外すために変速ワイヤーも切ってしまったので、今度は9000のワイヤーを試してみようかと思います。
メーカー推奨ではないですが、その辺のコツもマングローブバイクスの店長に雑談の中で伺ったので。

自転車屋さんで仕入れた情報はプライスレスですねw

自転車乗車時間は2時間弱でしたが、充実した日曜日でした。

久々の

大分ブログの間隔が開きましたね。

明日は入院中だったAEROADとも久々の再会です。
しばらく見ないうちに旧型になっちゃいましたがw
まあ、このバイクは買った時から、殆ど乗らないのに旧型になっちゃうことは織り込み済みでしたので、全くショックは無いです。

で、今日は久々にオビワンさんの湘南ツーリングに参加表明することなく合流する予定でしたが、ツーリング自体が中止になってしまったので、行き先変更してさいたま新都心経由のCRプラプラをしました。
(事前にツーリングの参加表明をするべきとは思うのですが、昨夜も遅くにO.K.が出たりとか、急に子供が体調崩してドタキャンになったりとかで、早めに意思表示できないんですよねぇ・・・まあ、子供中心の生活が続くうちは致し方ないのですけど。)
ちなみに来週の連休ツーリングは脚力も無いし、子供と遊ぶ約束があるので参加できませんw
ダメな時の意思表示は早く出来ますww

さて、気を取り直して「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」ですが、朝の10時過ぎでも新都心は物々しい警備と沢山の人で賑わっていました。

私はコースを眺めてすぐ現場を離れたのですが、暑くも無く、寒くも無く、場所取りの方々には良いコンデションだったのではないでしょうか?
自転車乗り的には走りたくてウズウズする悩ましいコンデションとも言えますけど。

10年以上ぶりに行った旧与野市街は、結構雰囲気が変わっていましたね。
15年前にRX-7を買ったマツダのディーラーが無くなっていたのには軽いショックを受けました。
当時はマツダ暗黒の時代で、契約した瞬間に店長が奥から出てきて、両手で握手して感謝されましたw
帰りは社員総出のお見送り・・・レクサスのディーラーでもあそこまでの歓迎振りは無いですよ。
まあ「潰れるわな」な店舗でしたが。

そんなことより感動したのが車道のサイクルレーン。
大通りだけでしょうが、青矢印が進行方向に向かって印刷されているのです。
こんな設備は10年前には無かったですし、何より走りやすい。
ちゃんと自動車も左側を空けてるんですよね。
たったあれだけのことで、これだけ効果があるんだ、と思いましたよ。
ぜひツールと共に全国に広まって欲しいものです。


その後、荒川CR~入間川CRと繋いで、これまた久しぶりの川越市場「花いち」へ。
12時前でしたがすでにかなりの行列が出来上がってまして、多分7年振り?の食事は諦めます。

次に向かったのが「サイボク・ハム」。
実はここも初めてちゃんと行く場所だったり。

昔は「花いち」や「ミオカザロ」なんかが目的地で、豊水橋が最高到達地点だったのですが、今や通り道でしかないので、全く昼時に通らなくなっちゃったんですよね。

食後のデザートは別の場所で、と思い加藤牧場まで移動しましたが、お腹が空かずに素通りして帰宅しちゃいました。
やっぱり病み上がりで胃腸が回復しきっていないようです。
これも10年前とは勝手が違うというか、衰えを感じる部分ですねw

さて、明日は5ヶ月振りにAEROADとの再会です。
って言っても、また直ぐ別のバイクに乗り換えるので、まともに乗るのは来春かな?って感じですが。
そのうち旧々型になっちゃうかもしれませんが、まあ仕方ない。
愛着の湧かないバイクというのも哀れですね。
その点は今後の反省点です。

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。